HOME 未分類 仮想売通貨取引所はみんな同じ?~勝つために開設すべき取引所

仮想売通貨取引所はみんな同じ?~勝つために開設すべき取引所

このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨を売買する場合、一般的には仮想通貨取引所で仮想通貨を購入します。しかし、どの仮想通貨取引所でトレードしても、購入金額は同じなのでしょうか?結論お伝えすると「違います」。 なので安く購入できる仮想通貨取引所を使ったほうが断然有利になります。

今回は、仮想通貨取引所でなぜ価格差が生じるのか、そのメカニズムと仮想通貨投資で勝つために開設すべき取引所をご紹介していきたいと思います。

仮想通貨の価格は取引所によって異なる

仮想通貨の価格は取引所によって違います。これは事実なのですが、株式取引をしている方からすると理解しにくいかもしれません。株式の場合はどの証券会社を使っていても同じ株価で株を購入することができます。それは東京証券取引所で株価を決定しているためです。

しかし仮想通貨には東京証券取引所のように価格を決定してくれる機関がありません。ですから、仮想通貨取引所内での需給で仮想通貨の価格が決まってしまうため、取引所ごとに違う価格が表示されてしまうことになるのです。

参考:みんなの仮想通貨

https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY

上記をご覧ください。最安値のLiquidではビットコイン価格は575,826円です。しかし最高値のbitbankでは611,294円と35,468円もの価格差があることがわかります。実に仮想通貨取引所が違うだけで5%以上もの高値でビットコインを購入することになることがお分かりいただけると思います。

仮想通貨の価格が異なるメカニズム

同じビットコインの価格なのにもかかわらず、5%以上もの価格差が生じてしまうのはなぜでしょうか?

仮想通貨の価格は需給で決まる

参考:みんなの仮想通貨

仮想通貨の価格は需給で決まります。上記の赤枠24時間の取引量を見ていきましょう。Liquidでは36,538BTCです。しかしbitbankでは746BTCとおよそ50倍もの取引量に差があることがわかります。このように流通量に少ない取引所では、誰か1人が「今どうしてもビットコインが欲しい」といって成り行き買いを出すだけでも、価格が勝手に高騰してしまいます。

この流動性に違いによって、仮想通貨に取引所による価格差が生まれることになります。

スプレッドにも注意

上記の青枠がスプレッド(買値と売値の差)です。最も低いLiquidでは143、最も高いFiscoは6,105になっています。このスプレッドは実質的な取引所の手数料です。ですから当然スプレッドが低い取引所のほうが有利に仮想通貨を購入することができます。

安定した価格で仮想通貨を購入できる仮想通貨取引所

参考:Liquid by Quoine HP

日本の金融庁で仮想通貨交換業者登録を行っている18社の中で仮想通貨を安定的な価格で購入できる仮想通貨取引所の一つがLiquid by Quoineです。以下、理由を説明していきたいと思います。

アジア最大の仮想通貨取引所

Liquid by Quoineは日本だけではなく、シンガポール・ベトナムにも拠点を置くアジア最大の仮想通貨取引所です。そのため流動性が高く、安定した価格で仮想通貨を購入することができます。

ワールドブックを採用している取引所

Liquid by Quoine最大の特徴はワールドブックの技術を採用していることです。

ワールドブックは世界中の取引所の注文を集約し、世界中の取引所が独自で持っていた板を一つのオーダーブックへ統合することができます。ですから、Liquid by Quoineでは世界レベルで公正な仮想通貨価格を実現することが可能なのです。

クロス通貨換算エンジン

Liquid by Quoineではクロス通貨換算エンジンによって、異なる法定通貨との取引が自動的に為替換算し、即ワールドブックに反映することができます。このため他社ではできないマッチングも、Liquid by Quoineではマッチングすることができるため、流動性を向上させることが可能です。

スマートオーダールーティング

スマートオーダールーティングとは世界中の取引所の価格を参照し、最適な価格の取引所に自動的に注文を転送するシステムのことです。このシステムを採用することで自社でマッチングしない取引でも他の仮想通貨取引所の公正な価格で売買することができます。

極論でいうと、Liquid by Quoineで仮想通貨を売買する=世界中の仮想通貨取引所の公正価格で取引することができることになります。

紹介したようにLiquid by Quoineはワールドワイド・レベルでの公正な価格で仮想通貨を売買することができる取引所であるといえます。

インカムゲインを得ることができる仮想通貨取引所

残念ながら、日本の仮想通貨取引所は金融庁の監視が厳しいため、仮想通貨のインカムゲインを十分に享受することができません。

仮想通貨の最大のインカムゲインは分裂コインを獲得することです。具体的にはビットコインから分裂したビットコインキャッシュが仮想通貨のインカムゲインあたります(ビットコインキャッシュは日本の取引所でも配布されました)。

参考:みんかぶ仮想通貨

上記はビットコインキャッシュの値動きです。2017年12月に506,156円を付けていることがわかります。このビットコインキャッシュはビットコインの保有者に無料で配布されました。ですから、ビットコインの保有者は1円の支出もなくおよそ50万円ものインカムゲインを獲得したことになります。

このように仮想通貨では分裂コインも投資の勝敗に大きくかかわっていることがお分かりいただけると思います。この分裂コインをゲットするためにはバイナンスなどの海外の仮想通貨取引所を開設しなければいけません。

今回は仮想通貨の売買において取引所の選択がトレードの勝敗を大きく左右する理由を解説してきました。短期売買を積極的に行うのであれば、安定した価格でトレードできるLiquid by Quoine。インカムゲインも視野に入れた長期投資の場合は海外の仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。

この記事の著者
satoureina
投資歴10年以上のベテラン投資家。仮想通貨だけではなく、株式投資、FX投資と幅広い分野への投資を行っている。 投資方法はテクニカルを重視したスイング投資。
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨3.0を標榜するSkycoinとは?その特徴と将来性について

前の記事

RELATED

関連記事