HOME 新着ニュース 地域来訪者の興味・関心をトークン化『YOKANE』が福岡市で実証実験開始

地域来訪者の興味・関心をトークン化『YOKANE』が福岡市で実証実験開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

IoT事業を展開するウフルと、アーティストプロダクションのアソビシステムは協働で、ブロックチェーンを活用した地域来訪者コミュニティアプリ『YOKANE(ヨカネ)』の実証実験を福岡市天神地域で開始したことを発表した

地域来訪者の興味関心をトークン化

YOKANEは地域来訪者に特化したコミュニティアプリで、ユーザーの興味関心の度合いを「Yokane」トークンとして表現する。

ユーザーはアプリを介して自らのアクティビティを投稿し、興味関心の度合いに応じてトークンを付与することで投稿を目立たせることができる。

YOKANEユーザー体験イメージ

トークンは店舗に設置されるQRコードを読み取るか、他ユーザーから贈ってもらうことで獲得可能だ。

投稿にトークンを付与したり、ユーザー同士で贈り合ったりすることで地域の魅力を拡散しつつゲーム感覚でコミュニケーションを楽しめる。

福岡市からスタートし順次拡大

YOKANEの実証実験は政令指定都市の中でも地域に根ざした興味関心・郷土愛を示すシビックプライドが最も高い福岡市からスタートする。約900店舗と連携し、データを採取し今後のサービス開発の改善点・課題を洗い出す。

今後は、YOKANEのコンセプトに賛同する企業や団体を募りながら、福岡市以外の地域団体との連携やエンタメイベント等での活用を視野に、地域活性化への貢献を目指す。

地域通貨の関連記事

定住促進アプリ『AYA SCORE』宮崎県・綾町で実証実験開始 地域貢献をスコア化

福岡県宗像市で地域通貨『常若(とこわか)』発行 SBIホールディングスが発表

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナンバーを用いた本人証明アプリを開発 住民ID基盤『GaaS』と連携

前の記事

NEMの「カタパルト」ブランディング委員会が初の進捗報告

次の記事

RELATED

関連記事