HOME 新着ニュース 『炭火焼肉たむら』にCardano ADA決済導入 きっかけはTwitterで

『炭火焼肉たむら』にCardano ADA決済導入 きっかけはTwitterで

このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑い芸人で実業家のたむらけんじ(@angoutsuukalove)氏が経営する焼き肉店『炭火焼肉たむら』でCardano ADA決済が導入されることが5月22日、Cardanoプロジェクトの商業化部門を担うEMURGOのプレスリリースで発表された。

Twitterでの交流がきっかけ

Cardano ADA決済導入にいたるきっかけは、『12週間仮想通貨チャレンジ』に挑戦していたJaide Barclay(@jaideb18)さんが韓国でADAカードを利用して決済する様子がクリプトコミュニティで話題を呼んだことだった。

この動画を紹介するツイートをした暗号通貨インフルエンサーの指針(@silverfox789123)氏に対して、たむら氏が「うちの焼肉屋さんにADA決済導入しましょうか?」と反応。

このたむら氏のツイートから1か月あまりでCardano ADA決済の導入にこぎつけた。

ローンチイベントとRTキャンペーンを開催

Cardano ADA決済導入にあわせて、炭火焼肉たむらの大阪と蒲田本店でローンチイベントが開催される。

詳細はイベントページから確認できる。

■イベント概要
日時:2019年6月22日19時~
場所:大阪府大阪市城東区中央1丁目8番30号
「炭火焼肉たむら」大阪、蒲生本店
内容:EMURGO CEO児玉と暗号通貨インフルエンサー指針氏のトークセッション
Cardano ADA決済セレモニーなど

また、リツイート(RT)の数によってプレゼント内容が変わるTwitterキャンペーンも同時開催される。

【RT数に応じたプレゼント(予定)】

50RT:「炭火焼肉たむら」のお肉が入ったカレー 10名
100RT:「炭火焼肉たむら」の和牛3名
150RT:ヨロイウォレット刻印Ledger nano 3名
300RT:Amazonギフト券5,000円分 3名

キャンペーン該当の投稿はEMURGOの公式Twitter(@Emurgo_Japan)から投稿される予定だ。

たむら氏「技術的に信頼できるADAを導入」

Cardano ADA決済の導入について、かねてからCardanoプロジェクトに注目していたたむら氏は以下のようにコメントしている。

「暗号通貨・ブロックチェーンは次世代を作る技術にも関わらず、昨年のハッキング事件以降、業界は勢いを失い日本は世界から遅れることとなりました。未来ある分野において、日本が置いていかれるのは悲しいので、盛り上げる助けができればと、暗号学会の査読を通じて開発され、技術的に信頼できるCardanoプロジェクトの暗号通貨ADAの導入を決めました」

また、指針氏は今回の導入について、ADAに実需が出てきたことに期待を寄せた。

「どんなに良いものでもそれが世の中に受け入れられなければ、それは絵に描いた餅に過ぎません。しかし今回日本で非常に著名なたむら氏の「炭火焼肉たむら」にADA決済が導入されるということで、ADAに実需としての実際の価値が出てきたと思います。こういった動きは、暗号資産界からみても非常に大きな試みだと思います^_^」

Cadano ADA関連記事

家を売り仮想通貨決済だけで旅をするJaideさん『仮想通貨12週間チャレンジ』インタビュー

Cardano ADAがハードウェアウォレットLedgerに正式統合

転機むかえる2年目のカルダノ ビジネス面を牽引する『EMURGO(エマーゴ)』のキーマンにインタビュー

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ChilizとBinance Chainが提携 スポーツチームとファンの交流目的にした決済手段

前の記事

Facebookが2020年に独自トークン『GlobalCoin』発行へ

次の記事

RELATED

関連記事