HOME 新着ニュース XPのマイニング報酬はどれぐらい?ウォレットの作り方

XPのマイニング報酬はどれぐらい?ウォレットの作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近注目を集めている仮想通貨の中に、XP(Experience Points)があります。日本国内の取引所では売買できませんが、海外の仮想通貨取引所であるCoin Exchangeにて取引可能です。今回はXPのマイニング報酬について紹介します。

XP(Experience Points)とは

XPは広く使われている仮想通貨でもありますが、特にゲーム業界で多く流通しています。2018年3月現在、オンライン上でゲームを購入できるダウンロードサイトSteamでも、XPでの決済が可能になっています。

以前はBTCがSteamの決済に使用されていました。しかしBTCのボラティリティの大きさから停止、2018年3月現在ではXPとLTC(Litecoin)の2つがSteamでの決済に利用可能になっています。

現在の相場は1XPあたり0.04円から0.1円程度、2160億枚が流通しており、時価総額は85億円から216億円になります。ただし発行上限数がはっきりしておらず、今後相場がどう動くか注目されています。

XPのマイニング方式POWとPOSとは

マイニング方式には大きく4種類があります。主流となっているのはPOWですが、問題も抱えています。

POW(Proof of Work)

BTCやETHが採用しています。マイナーは取引の検証を行い、検証が完了すれば報酬を貰えます。

POWの問題点は、報酬額が不透明なところです。そもそも検証作業がいつ完了するかが分かっていないので、30分で終わることもあれば、1日かかっても終わらないこともあります。

POS(Proof of Stake)

XPが採用しているマイニングシステムです。ETHがPOSに移行するという話も出ていますが、公式の発表が出ているわけではありません。

POSの特徴は、その仮想通貨を保有している量に応じて報酬が増えるという仕組みです。消費電力も少なく、環境に優しいとも言えます。

その他のマイニング方式

POI(Proof of Importance)、POC(Proof of Consensus)があります。POIはNEMなど、POCはXRPなどで採用されています。

POS方式でのXPのマイニングの方法

POS方式のマイニングは、正確にはマイニングとは呼びません。鋳造、あるいはmintingと言います。ですがマイニングの方が広く知れ渡っているため、POS方式でもマイニングと呼ばれることがあります。

POS方式でのマイニングに必要なことは2つです。ひとつは公式のウォレットに一定枚数以上の仮想通貨を入れること、2つ目にウォレットを立ち上げておくことです。

公式ウォレットに一定枚数入れる

POS方式は簡単にいうと、公式ウォレットを立ち上げている人のPCを使ってマイニングを行っています。XPの公式ウォレットはこちらになります。

公式ウォレット

所持枚数に応じて報酬が増えるというPOS方式の特徴も、正確には「公式ウォレットに入れている枚数」という意味です。

公式ウォレットを立ち上げる

電源が繋がっていなかったり、オフライン状態では、POS方式でもマイニングは行われていません。マイニングをしたい場合は、公式ウォレットへの接続を忘れないようにしましょう。

POS方式での報酬マスターノードとスーパーノードについて

気になるXPのマイニング報酬ですが、2018年3月現在では40%程度だと言われています。1,000万XPで1時間マイニングを行った場合、およそ460XPが報酬です。

しかし後々、この報酬額を見直す動きがあります。XPのホワイトペーパーにも報酬額について記載があります。このホワイトペーパーには日本語訳も存在し、無料で公開されています。

ホワイトペーパー原文(pdf)

ホワイトペーパー日本語訳

この中でも重要なところはマスターノードとスーパーノードです。

マスターノード

マスターノードになるためには最低5,000万XPを公式のXPウォレットに入れる必要があります。

マスターノードになると、約50%の利息が毎年支払われます。つまりマイニング報酬が年利50%ということです。例を挙げると、5,000万XPマスターノードとなり、1時間マイニングした時の報酬はおよそ2,800XPです。

また5,001万枚ウォレットに入れていたとしても、年利が増えるわけではありません。約50%のままです。

スーパーノード

スーパーノードに必要なXPの枚数は10億枚です。年利もマスターノードから更に上がり、200%になります。こちらも1時間マイニングした場合の報酬を計算すると、10億XPでスーパーノードになった場合は22万XPです。

ただしスーパーノードには注意点があります。スーパーノードのコストとなる10億XPが焼却(burn)される点です。焼却とは該当する仮想通貨の枚数が失われることです。今回の場合ですと、誰かがスーパーノードになるたびに、10億XPが市場から完全に消えることになります。元手を取り戻すためには、約半年マイニングをする必要があります。

XPのマイニングは年利と将来性を天秤にかけて

ここまで年利の話をしてきましたが、XPのマイニングを本格的に行うつもりならば、XP自体の将来性も考えておきましょう。現在、XPはゲーム業界で広く使われています。しかし今後に向けての明確なビジョンは、今のところ提示されていません。

XPのマイニングを行う場合は、年利だけに目を奪われるのではなく、将来性を踏まえることをお勧めします。

この記事の著者
リップラー3号機
リップルの明日を見つめています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

SBIが仮想通貨業務を本格始動! 気になる取り扱い銘柄は?

前の記事

3/8 16時〜コインチェック記者会見内容まとめ(質疑応答あり)

次の記事

RELATED

関連記事