HOME NEWS VIPSTARがワールドワイドヌクモリティで被災地へ寄付を募集

VIPSTARがワールドワイドヌクモリティで被災地へ寄付を募集

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本発の仮想通貨VIPSTARが西日本豪雨で被災した地域に対しての寄付を募集している。集まったVIPSは運営側で円換算されたのちに寄付される。VIPSTARのホームページの特設ページから寄付ができる。

VIPSTARはビットゼニーやモナコインのような日本発の仮想通貨。5ちゃんねるの『ニュー速VIP板』から発祥しており、寄付による社会貢献を中心に多目的に利用されている。今回の被災地支援はVIPSTARの寄付プロジェクト『ワールドワイドヌクモリティ』の活動の一環として実施されている。

6月に発生した大阪北部地震でもワールドワイドヌクモリティによって寄付が募られ、総額30万円相当のVIPSが集まった

VIPSTARは今年2月の誕生から、急速に開発が進められており、イーサリアムトークンから独自通貨への切り替えも完了するなど、技術力や事業推進力にも定評がある。

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

分散型取引所とkyber network(カイバーネットワーク)が目指す取引所の未来

前の記事

Ginco、自動でエアドロップを受け取れるサービスを開始

次の記事

RELATED

関連記事