HOME 新着ニュース テザー(USDT)がEOSとLightning Networkで発行か BitfinexのCTOが相次ぎ発言

テザー(USDT)がEOSとLightning Networkで発行か BitfinexのCTOが相次ぎ発言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ステーブルコインのテザー(USDT)が、EOSプラットフォームとLightning Networkで発行する予定があることを5月31日、BitfinexのCTOを務めるPaolo Ardoino氏が各メディアで発言した。

BitfinexはEOSベースの分散型取引所を運営

Ardonio氏は、CCNの取材に対してテザーをEOSプロトコルで発行すると語り、その理由を同社が開発する分散型取引所『eosfinex』のためであると明かした。また、同様の内容をコインテレグラフ宛のプレスリリースでも共有している。

さらにArdonio氏は「eosfinexはEOSプロトコル上で開発される取引所で、EOS/USDTのペアで取引するためには統合は必要」とも語っている。

年内にLightning Networkでテザーを立ち上げる

The Blockの取材に対して、同じくArdonio氏は年内にはLightning Networkでテザーを立ち上げる計画であると話した。

Lightning Networkはビットコインを高速に安価で取引するためのセカンドレイヤーだが、Ardonio氏はインタビューの中で「私達は本当にLightning Networkが大好きなので、それを学び貢献したい」と語っている。

テザーはマルチレイヤー化を推進

米ドルと連動するステーブルコインのテザーはこれまで、様々なプラットフォームで可動させるマルチレイヤー化を進めてきた。

現在、Omniやイーサリアムで発行されており、今年3月にはTRONでも発行されることが決まっている。

BitfinexとEOSとの関連記事

Bitfinexの分散型取引所EOSfinex(イオスフィネックス)の概要や将来性を徹底解説

2018注目の仮想通貨EOS(イオス)の特徴と将来性、チャートや購入方法を徹底解説

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウ、地方創生に特化したAI・ブロックチェーン導入支援サービス提供開始

前の記事

日米欧の有力銀行が国際送金の新会社設立 UFJと三井住友も参加

次の記事

RELATED

関連記事