HOME 新着ニュース スタートバーン、アートのためのブロックチェーンインフラ『Startrail』本格稼働

スタートバーン、アートのためのブロックチェーンインフラ『Startrail』本格稼働

このエントリーをはてなブックマークに追加

アート作品の流通インフラを構築しているスタートバーンは、主導して運営してきたブロックチェーンインフラ『Art Blockchain Network』の本格稼働に伴い、正式名称を『Startrail(スタートレイル)』と決定したことを発表した

月内にベータ版を自社サービスに導入

正式サービス名の決定に伴って、Startrailは本格稼働を開始する。2019年10月に公開されたホワイトペーパーのロードマップ通り、2020年5月頃のAPI公開を目指す。

また、直近では今月中にスタートバーンの自社サービスにStartrailのベータ版を導入する予定だ。

さらに、開発面ではシンガポールのブロックチェーン企業Torus Labs社とサービス連携を進める。Torus LabsはGoogleやFacebookなどの外部認証プロバイダーが提供する本人確認機構(OAuth2.0)を活用し、イーサリアムの鍵と個人を紐付けるウォレットサービスを展開している。Torus Labsの技術をStartrailに連携させることで、ユーザーの手間を取らずにセキュリティを高める狙いだ。

本格稼働でブランドを刷新

本格稼働と共にStartrailはブランドを刷新する。正式サービス名『Startrail』は写真用語「star trail」から名付けられている。「あらゆるアート作品がその軌跡(来歴や信頼)を引き継いでいくネットワーク」という思いが込められている。

Startrailの新ロゴ

サービス名が変更となったため、ロゴも刷新された。仮称の『Art Blockchain Network』でも表現されていた円のデザインは踏襲しながら、よりシンプルなデザインとなった。

スタートバーンの関連記事

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コインチェック、仮想通貨「Qtum(クアンタム)」国内初の取り扱いを開始

前の記事

GMOコイン、仮想通貨「BAT」日本初の取扱を発表。販売所で売買可能に

次の記事

RELATED

関連記事