HOME 新着ニュース SILIN LABS、ブロックチェーンスマホを999ドルで発売開始

SILIN LABS、ブロックチェーンスマホを999ドルで発売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

スイスのブロックチェーン企業SIRIN LABS(シリンラボ)がFoxconn International Holding(鴻海精密工業子会社)と連携して開発したブロックチェーンスマホ『FINNEY(フィニー)』を発売開始した。

ほぼ当初の予想通りのロードマップ進行

4月に日経新聞が報じた内容では10月中に発売される見込みだったが、11月に後ろ倒しとなった。また、同記事で端末の価格は1000ドルと予想されていたが、ほぼ予想通りの999ドルでの販売となる。

ブロックチェーンスマホ、10月に日本含む5カ国で発売

メッシ氏を起用したCMを公開

SIRIN LABSはフィニーの発売にあわせて、ブランドアンバサダーを務めるリオネル・メッシ氏を起用したCMも公開している。

ウェブサイトで購入可能 今後はリアル店舗展開も

フィニーはSIRIN LABSのウェブサイトから購入可能。まずはSRNトークンの保有者限定で注文を受け付ける。

今後は東京とロンドンに最初の旗艦店をオープンする予定で、ロンドン店ではブロックチェーン技術の理解促進を目的としたコミュニティの運営も開始する。

SIRIN LABSとフィニーの概要

ICOで1億5780万ドル調達

SIRIN LABSは2017年12月にフィニーのプロジェクトの資金調達のため独自通貨SRNを発行し、ICOで1億5780万ドルを集めた。

この金額は2017年で4番目に大きい調達額となっている。

コールドウォレットを内蔵したフィニー

フィニーは高いセキュリティが特徴のスマートフォン。コールドウォレットを内臓しており、安全な仮想通貨の保存とユーザービリティの両立を目指している。

OSはAndroidをベースとした独自OSの『SIRIN OS』を採用している。

SIRIN LABSの関連記事

スマホ用の安全なウォレットを開発するトークンSRNについて

173億円調達のブロックチェーンスマホFINNEYがデザイン発表

 

 

 

 

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Steemitが従業員の70%を解雇 市場の成長に頼った戦略に落とし穴

前の記事

金融庁認定通貨リスト『取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書』が公開

次の記事

RELATED

関連記事