HOME 新着ニュース LuckyMeがコンセプト変更し『RAKUN』に刷新 ターゲットをエンタメ全般に拡大

LuckyMeがコンセプト変更し『RAKUN』に刷新 ターゲットをエンタメ全般に拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン事業を展開するグッドラックスリーが開発中のトークンエコノミープロジェクト『LuckyMe(ラッキーミー)』がコンセプト変更に伴いサービス名も『RAKUN(ラクン)』に変更した。

これまでLuckyMeは「メディアをエンパワーする報酬システム」というコンセプトを掲げて、トークンエコノミーをメディアに組み込むためのプロジェクトとして推進してきた。

コンセプト変更後はターゲットの市場をメディアからエンタメ全般に拡大して「シームレス&ボーダレスなエンターテインメントエコシステム」とする。

メディアの報酬システムというこれまでの路線は機能のひとつとして残しつつ、VR・ARといった最先端のエンタメにもトークンエコノミーを拡充させていく。

コンセプト変更前まではICO(仮想通貨による資金調達)を実施すると明記されていたが、今回のコンセプト刷新後にはICOの実施に関しての言及はなくなっている。コインチェック事件以降、金融庁による規制が厳格化されたことを受け、国内ユーザーを対象にICOを実施することが実質的に難しくなっていることから、慎重に検討しているものと思われる。

金融庁規制でどう変わった?各社のトークンエコノミー戦略を解説

グッドラックスリーはすでにいくつかのDappsの開発実績があり、クリプトキティライクな豚育成ゲーム『くりぷ豚』や、美少女イラスト投稿プラットフォーム『クリプトアイドル』などをリリースしている。

グッドラックスリーのDappsに関する記事

『くりぷ豚』育成レース機能リリースに向けプレセール実施

グッドラックスリー、dappsゲーム『くりぷ豚』β版をリリース

『クリプトアイドル』β版リリース 美少女イラスト投稿でイーサ獲得

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PS4初のDapps『Plague Hunters』がSONYのレビューに合格、発売へ

前の記事

Steemitが従業員の70%を解雇 市場の成長に頼った戦略に落とし穴

次の記事

RELATED

関連記事