HOME 新着ニュース 政治コミュニティ『ポリポリ』のβ版がAppStoreで公開

政治コミュニティ『ポリポリ』のβ版がAppStoreで公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

トークンエコノミーによる政治コミュニティを目指す『ポリポリ』のβ版が2日、AppStoreにて公開された。β版ではトークンは実装されず、まずはコミュニティの形成を促進する。

 

β版で利用できる機能は三つ

①議論機能

気になる政治トピックについてトークルームを作成したり、参加したりすることで議論ができる機能。正式リリース版では、発言に対して報酬としてトークンを付与する機能が追加される予定だ。

②政治家一覧機能

ポリポリに登録している政治家が一覧できる機能。政治家ごとの政策や実績を閲覧できるほか、選挙戦では候補者の情報を比較することもできる。

③政治家への質問機能

ポリポリに登録している政治家に質問ができる機能。いいねが多かった質問には政治家から回答が返ってくる可能性もある。

政治を「エンターテイン」する

ポリポリの運営チームは政治の世界を「エンターテイン」してイノベーションを起こすことを目標にする。運営チームは以下のようにコメントしている。

政治というのは世の中の仕組みを作るもので、政治が少しでもよくなることで世の中に与える影響は計り知れません。
しかし、政治分野はネットなどのイノベーションがかなり遅れています。

僕らPoliPoliはテクノロジーで世の中を幸せにできることが多くあることを信じ、政治分野にもイノベーションを起こしていきます。

β版へのフィードバックを公募

ポリポリではβ版へのフィードバックを公募している。修正点をまとめたGoogleスプレッドシートは一般公開されている。

年内にトークン配布

β版による仮説検証は9月まで実施される。その後年内にトークン配布とトークン実装が完了し、完成版がリリースされる予定だ。

 

関連記事

PoliPoliが『俳句てふてふ』を毎日新聞社に事業譲渡 政治サービス『ポリポリ』にリソース集中

役員は全員19歳 政治×トークンエコノミーのPoliPoliが資金調達

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

独自コインでファンと接点『SPOTSALE』の目指すエコシステム

前の記事

GOXの心配がなくなる?アトミックスワップとは

次の記事

RELATED

関連記事