HOME 新着ニュース ブロックチェーン特化ワークスペース『Neutrino』がオープン

ブロックチェーン特化ワークスペース『Neutrino』がオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加

Omise Japanがブロックチェーンに特化したコワーキングスペース『Neutrino』を東京の渋谷にオープンした。日本のブロックチェーン業界における、エンジニア不足や情報共有といった課題の解決を目指す。ブロックチェーン企業、スポンサー企業、各ジャンルの専門家が交流することで業界全体の活発化をはかる。

スポンサーにはオプトホールディング、電通、みずほフィナンシャルグループなど11社が参加している。また、仮想通貨の法務、税務、会計、技術、マーケティングといったそれぞれの専門分野に強いコミュニティパートナーを迎え入れている。

コインテレグラフによると、入居しているブロックチェーン企業はALISDMM.comGINCOなど、16の分野で20のメンバーが参加しているという。

同じくブロックチェーン特化のコワーキングスペースとして、HushHubが今夏にオープンすることが決まっている。コワーキングスペースやインキュベーション施設が増えることで、業界全体が健全化に期待が持てる。

関連記事

ALISの滑り出しは好調「継続率は相場の4倍」

 

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

バドワイザーのAB InBevがブロックチェーン利用の広告を開始

前の記事

仮装通貨ランキングに突如現れた『EOS』と『Nebulas』とは

次の記事

RELATED

関連記事