HOME 新着ニュース nemlogがユーザーの実験行為により公開停止 開発者「セキュリティに問題なし」

nemlogがユーザーの実験行為により公開停止 開発者「セキュリティに問題なし」

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEMを投げ銭しあえるブログプラットフォーム『nemlog』が10月22日より公開を停止している。停止の理由についてnemlog開発者のしゅう氏は「ある一部のユーザーの投稿した実験がさもnemlogのセキュリティが脆弱でユーザーの秘密鍵を盗みだしたかのような内容であったため」と説明しており、セキュリティに問題ないことを確認しているという。

以下はnemlogトップページに掲載されているお知らせから引用。

いつもご利用ありがとうございます。 ある一部のユーザーの投稿した実験が、さもnemlogのセキュリティが脆弱でユーザーの秘密鍵を盗みだしたかのような内容であったため、 万が一を考え、現在nemlogの公開を停止しています。現在、確認作業を終え、nemlogのセキュリティに問題がないことの確認は取れていますので、ご安心ください。 投稿記事は当該ユーザーがマルウェアの実験を自身のPC内で行っていたものだったようです。(記事内の秘密鍵もそのユーザーが自身で生成したものだった模様) しかしながら、セキュリティに関する重要な部分との認識で居りますので、当該ユーザーと11月初旬に直接面会し、今回の事情・経緯と、今後の対応について協議の予定です。 それまではnemlogを停止させていただきますので、何卒ご了承お願いいたします。 繰り返しになりますが、ユーザーのwallete残高に影響はございません。 ログイン⇒profileから残高の確認は可能です。 ご自身の記事のデータ等の取り出しが必要な方は、メールにてご連絡いただければ、個別に対応させて頂きます。 大変ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。

Walletの残高について影響はないことが確認されており、現在はログインとProfile機能のみ利用できる。

復旧のめどについては発表されていないが、該当のユーザーと開発者のしゅう氏が10月22日に直接面会して対応策を講じるものと思われる。

nemlogは今年9月にNEMコミュニティの有志によって生まれたブログプラットフォームだ。ユーザー同士で投げ銭できる『投げnem』機能によるコミュニケーションが特徴で、WordPressで作成したサイトにも投げnem機能が実装できるなど、NEMの普及を後押しする意図が込められたサービスとしてコミュニティに親しまれている。

“投げnem”で普及に一役 NEMコミュニティから生まれた『nemlog』

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スタートバーン』を利用したアートイベント『富士山展2.0』開催へ

前の記事

自作アイテムが流通 オープンワールドMMO『Ember Sword』発表

次の記事

RELATED

関連記事