HOME NEWS “投げnem”で普及に一役 NEMコミュニティから生まれた『nemlog』

“投げnem”で普及に一役 NEMコミュニティから生まれた『nemlog』

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内のNEMコミュニティの有志によって開発されたブログプラットフォーム『nemlog』が9月6日より運用開始された。現在はNEMを応援するユーザー(nember)を中心にブログが投稿され、コメントや投げ銭によるコミュニケーションが行われている。

nemlog以外でも『投げnem』機能は実装可

nemlogのユニークな点は投げ銭ならぬ『投げnem』機能だ。ブログを投稿したユーザーに対してNEMを寄付することでコミュニケーションを促す。

国内のNEMコミュニティはユーザー同士のコミュニケーションが活発なので、ブログ機能と投げnemは親和性が高そうだ。

また、Wordpressで作成したサイトにも『投げnem枠』を実装することができる。

投げnem枠のイメージ

仮想通貨の暴落を受け着想

nemlogを開発した会社員のしゅう氏は2018年の仮想通貨の暴落を受け、NEMの普及に一役買うため「構想1日、制作1ヶ月(本人いわく)」でnemlogを開発したという。

積極的な広告掲載やサービス利用の有料化といったマネタイズはしておらず、投げnemの一部を手数料として徴収し運営費に当てている。投げnemによる運営費の寄付も募集中だ。ゆくゆくは本格的に事業化していく予定とのこと。

今後のロードマップ

今後の開発ロードマップ(9月10日時点)は以下の通りだ。SSL化はすでに対応済み。

 

  • nemlog記事にコメント機能
  • スマホ対応
  • nano wallet/nem mobile walletの使い方説明
  • nemlogを他SNSやサイトに貼れる機能
  • SSL通信化(対応済み)
  • nemの概要説明
  • サイトの英語化
  • デザインアップデート
  • ブログ検索
  • ひとこと機能
  • 足あと機能の追加
  • 使い方ガイドの充実
  • iPhoneにおけるトップページメニューボタン
  • HEIFタイプの画像に対応
  • 投げnem受け取り時にメール通知
  • レター受け取り時にメール通知

基本的な機能の拡充に加え、コミュニケーションを促進する施策が主になっているようだ。

投げ銭できるブログプラットフォーム

国内の仮想通貨を用いたブログプラットフォームでは『ALIS』が先行している。今年4月にβ版をリリースし、今月11日に投げ銭機能を実装済みだ。

ALISがMicrosoftと協業 投げ銭API開発

さらに、ALISが着想を受けた海外のブログプラットフォーム『Steemit』は日本でも存在感は強い。

仮想通貨Steem(スチーム/Steem)の購入方法と将来性を解説

また、クリエイターのためのブログプラットフォーム『Leth』もイーサリアムによる投げ銭機能を実装している。個人で開発された点もnemlogと共通している部分だ。

クリエイターのための投げ銭プラットフォーム『Leth』 個人が開発

 

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「仮想通貨で報酬支払い」ニーズに答える決済システム『SCPay』

前の記事

コスプレを職業に AMPLEが『A! Cos』にリニューアルし独自通貨発行

次の記事

RELATED

関連記事