HOME 新着ニュース NEMブロックチェーンの写真SNS『nemgraph』リリース 投げ銭や所有権証明機能も

NEMブロックチェーンの写真SNS『nemgraph』リリース 投げ銭や所有権証明機能も

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEMブロックチェーンを利用した写真投稿型SNS『nemgraph(ネムグラフ)』が8月22日にリリースされた。NEMコミュニティの有志の個人が開発した。

投稿された写真にXEMを投げ銭したり、自身の投稿した写真を所有権証明できたりと、ブロックチェーンならではの機能が特徴となっている。

nemgraph(ネムグラフ)の特徴

nemgraphではTip機能を使って投稿した写真に投げ銭することができる。投げ銭機能を使う、もしくは投げ銭を受け取るにはNEM Walletとの連携が必要になる。従来のSNSの「いいね」では、投稿に対してユーザーはいいねが1度までと限定されるが、投げ銭では投稿への評価をトークンの量で表現できる。

また、投稿した写真の所有権をNEMブロックチェーンに記録する「RiNG公証」によって、投稿した画像だけでなく内容、投稿日時なども改ざん不可能な形で保管できる。

さらに投稿した写真にはクリエイティブ・コモンズ設定をすることも、ライセンスを設定して写真を販売することもできる。

開発者はnemlogを開発したしゅう氏

nemgraphを開発したNEMコミュニティのしゅう氏(@shu801115)はこれまでもNEMブロックチェーンを利用したプロダクトをリリースしている。

nemgraph同様に投稿に対して投げ銭できるブログプラットフォーム『nemlog(ネムログ)』や、NEM決済のオンラインストア『nem store(ネムストア)』をすでに運営中だ。

NEMの日本コミュニティは有志によるプロダクト開発が活発で、健康促進アプリ『FiFiC(フィフィック)』や、NEMで決済ができるC to Cのデジタルコンテンツ販売支援サービス『Norche(ノーチェ)』といったサービスがNEMユーザーに親しまれている。

NEMの有志プロダクトの関連記事

NEM日本コミュニティの集大成『nemlog(ネムログ)』とは

ポケGO感覚で健康促進&トークン獲得『FiFiC』とは?

NEM決済でデジコン販売『Norche(ノーチェ)』がリリース

 

 

 

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級ギフトカード取引所『Amaten』がブロックチェーン導入へ

前の記事

福岡県宗像市で地域通貨『常若(とこわか)』発行 SBIホールディングスが発表

次の記事

RELATED

関連記事