HOME 新着ニュース メタップス、dappsゲームアセットのマーケットプレイス『miime(ミーム)』を発表

メタップス、dappsゲームアセットのマーケットプレイス『miime(ミーム)』を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

メタップスの子会社でブロックチェーン事業を展開するメタップスアルファは、dappsゲームなどのデジタルアセットを売買できるマーケットプレイス『miime(ミーム)』を発表した。

オープンβ版の開始に向けたクローズドβ版の運営を9月5日より開始する。クローズドβの参加者も5日より先着100名で受け付ける。

miimeスクリーンショット

ユーザー同氏でゲーム内NFTと仮想通貨を交換

miimeでは、ゲーム内のキャラクターやアイテムなど、NFT(Non-Fungible Token)として扱われる固有のアセットとイーサリアムをユーザー同士で取引することができる。miimeを通じて取引することでNFTの所有権が自動で移行する。

miimeの提供する機能

miime自体はWebアプリケーションとして出品情報の保持・表示と売買画面の提供を行う。購入時の支払いや、NFT所有権の移行はイーサリアムのスマートコントラクトで処理される仕組みだ。

miimeの出品・購入フロー

miimeは2つ売買方法を提供する。ひとつは出品されているNFTから購入する方法。もうひとつは購入したいNFTの所有者に販売依頼をする方法だ。

miimeを利用開始するには、PCからはMetaMaskなどのアドオンをインストールした状態でWebサイトにアクセスするか、スマホからウォレット機能を持つブラウザでアクセスすることで売買を開始できる。

AR・VRなどの仮想世界を想定

メタップスアルファがmiimeを開発した背景として、VRやARなど、仮想世界でのデジタルアセット取引が今後普及していく期待がある。

従来のゲームなどの仮想空間では、キャラクターやアイテムなどは発行数などは管理できず、コピー可能であったり所有権の証明ができないといった課題があった。

しかし、ブロックチェーン技術によってデジタルアセットの発行数や所有権を管理することが可能になった。同時に、ARやVRといった最新技術が普及しており、仮想世界でのデジタルアセット所有に価値が生まれるが出てきた。

そのため、miimeは誰でも手軽に仮想世界でデジタルアセットの取引ができる環境の発展・整備に取り組む。

 

「miime」クローズドβ参加申込ページ:https://miime.typeform.com/to/ZFIfou

クローズドβリリース記念キャンペーン詳細:https://medium.com/metaps-blockchain-jp/miime-openbeta-campaign-e9fae63480dc

メタップスの関連記事

2019最新版タイムバンクの始め方から使い方までを詳しく解説

メタップス、dappsゲームのマーケットプレイス『TEMX』を発表

タイムバンクはどこへ向かう?提携・新機能から見える戦略とは

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

博報堂DYメディアパートナーズ、dApps領域で東京理科大と『PlayAsset』プロジェクト組成

前の記事

ヘルスケア×ブロックチェーン市場は2025年までに16億ドルに

次の記事

RELATED

関連記事