HOME 新着ニュース 分散型取引所とkyber network(カイバーネットワーク)が目指す取引所の未来

分散型取引所とkyber network(カイバーネットワーク)が目指す取引所の未来

このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨ブームが到来し、日本でも社会現象と言えるほど価格の高騰と参入者数が増加した2017年、多くの人が仮想通貨の取引所を介してビットコインやリップルといった仮想通貨を購入していた中で、管理者のいない取引所、つまり分散型取引所(Decentralaized Excahnge)が多く稼働し始めました。

分散型取引所は、取引所の問題点を解決すべく誕生しましたが、流動性や操作性の煩雑さなどいくつかの問題があり、利用者数も伸びませんでした。そんな中誕生したKyber Networkは、現在の分散型取引所が抱えているいくつかの問題を解決する取引所になるのではと注目を集めています。

今回はそんなKyber Networkについて紹介しますが、まず最初に分散型取引所について説明します。

分散型取引所とは

Kyber Networkは、仮想通貨の取引プラットフォームですが、bitFlyerやZaifといった管理者のいる取引所とは違い、管理者のいない分散型取引プラットフォームです。ここではまず分散型取引所を説明した上でKyber Networkの特徴を紹介します。

分散型取引所の特徴

分散型取引所はブロックチェーン上で動いている取引所です。通常の取引所と大きく違う点は、

・管理者がいないこと、

・取引したい仮想通貨を自由に板に出せる

・秘密鍵を自分で管理できる点

です。

まず、ブロックチェーン上で取引が可能なため管理者を必要としません。これによってユーザーは自ら秘密鍵を管理することが可能です。

また、取引したい通貨を自分で取引板に出すことができるため、誰でも自由に同じブロックチェーンの仮想通貨を上場させることができます。今はイーサリアムベースの仮想通貨のみ可能です。

分散型取引所の問題点

分散型取引所は上記で説明した通り確かに素晴らしい利点を持っています。しかし、通常の取引所と比べて使い勝手の悪い部分があります。例えば、

・流動性が低い

・手数料が高い

・取引ペアが少ない

・サポート対応は無い(可能性が高い)

です。

まず、使用している人が少ないため流動性はかなり低いです。また、ブロックチェーン上で動いているため、一つ一つの動作全てに送金手数料が発生します。また、同じブロックチェーン上で動いている仮想通貨のみの対応になるため、イーサリアムベースの分散型取引所であればイーサリアムのみ、ビットコインベースであれば、ビットコインのみになるため取引ペアは必然的に少なくなってきます。

Kyber Networkの特徴と他の分散型取引所との違い

分散型取引所の利点と問題点を前述しましたが、問題点がかなり深刻なため、正直使い勝手が悪い印象を受けたのではないでしょうか。正直言うと私もその一人です。実際に分散型取引所の一つ、Ether Deltaを使用した時はその印象が非常に強かったです。

しかしKyber Networkではそれらの問題を解決し、ユーザーがより簡単に・安く取引ができるプラットフォームを作っているのです。

分散型取引所の弱点をカバーしたプラットフォーム

・即時トレード

多くの分散型取引所がトランザクション処理を待つ時間が必要になるため数十分待つような自体が発生します。ところが、Kyber Networkでは取引所との交換ではなく、ウォレット同士の送金が可能になるため、即時トレードを実現しています。

・安い手数料

Kyber Network側が取る手数料はスマートコントラクトのためのgasのみです。入金・出金の概念がなく、ウォレット間のスマートコントラクトに必要な少量のgasだけで済みます。

・イーサリアム以外の仮想通貨との互換性を実現予定

多くの分散型取引所がイーサリアムから派生した仮想通貨しか扱えませんが、Kyber Networkでは将来的にイーサリアム以外の仮想通貨との互換性もできるようにしようとしています。ロードマップでは2019年に実装可能との話ですが、現在予定よりも早い開発が進んでいるため、2018年内に実装される可能性も十分あるのではないでしょうか。

・高いセキュリティー

Kyber Network上では、顧客の資産を預かることはせず、ウォレット同士の売買取引を仲介します。もちろん秘密鍵を公開することもありません。そのため、ハッカーが盗難目的で近づいても比較的安全に取引ができます。

ロードマップ

Kyber Networkの開発スケジュールは以下の通りです。現在ロードマップ上では、予定よりも早い開発スケジュールで進んでいるため、比較的順調といえます。

2017年8月/テストネットローンチ

2018年2月/メインネットローンチ

2018年第2四半期/ERC20トークン同士のトレードサポート開始

2018年第4四半期/高度な金融商品のトレードサポート開始

2019年/クロスチェーントレード開始

メインネットは既にローンチ

昨年テストネット上で運用されていたKyber Networkですが、2018年の2月に既にメインネットでローンチされました。つまり、誰でもKyber Networkを使用できる環境にあるということです。

現在他の分散型取引所と比べても一際評価の高い取引所となっています。普通の取引所も良いですが、この機会に一度分散型の取引所を試してみてはいかがでしょうか。

この記事の著者
とげみ
2015年から仮想通貨に興味を持ち始めて現在。
このエントリーをはてなブックマークに追加

SpaceXのコンペで入賞した『rLoop』がトークンセール実施

前の記事

VIPSTARがワールドワイドヌクモリティで被災地へ寄付を募集

次の記事

RELATED

関連記事