HOME 新着ニュース 仮想通貨交換業から二社撤退、みなし業者の淘汰すすむ。

仮想通貨交換業から二社撤退、みなし業者の淘汰すすむ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスターエクスチェンジ(福岡)と東京ゲートウェイ(新宿)が仮想通貨交換業からの撤退を発表しました。コインチェック事件以降、金融庁が体制の透明化と体制強化を求めてきました。それらの基準に対応できない業者の淘汰が進んでいます。
これまでにも三者が撤退を発表しており、これで合計五社が仮想通貨事業から撤退を表明しました。今年3月8日の業務改善から約3週間を経て、業界再編は加速しています。

業務改善命令の公表文

この記事の著者
sn22000
Vechainと、石をツルツルに磨くのが好きです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベネズエラの国家ICOペトロ(petro)の特徴や将来性を解説

前の記事

KikがUnityとの提携を発表 ゲーム開発者へブロックチェーン技術提供へ

次の記事

RELATED

関連記事