HOME 新着ニュース 伊藤忠商事、ブロックチェーンでコーヒーのトレーサビリティ管理するプラットフォームに参画

伊藤忠商事、ブロックチェーンでコーヒーのトレーサビリティ管理するプラットフォームに参画

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤忠商事は、コーヒーの生産・流通・販売に携わる複数プレーヤーと共に、Farmer Connect SA社が提供するブロックチェーン技術を基点にしたトレーサビリティプラットフォーム「FARMER CONNECT(ファーマーコネクト)」の展開への参画に合意したことを発表した。2020年の公開を目指す。

IBM  Food Trust Platformを利用したトレーサビリティ

ファーマーコネクトは小規模農家の商品エコシステムを構築するツールをブロックチェーンで開発・運営しているベンチャー。 今回、世界最大手のコーヒー事業会社であるJACOBS DOUWE EGBERTS(ジェイコブズ・ダウ・エグバーツ)や伊藤忠商事と共同でコーヒーサプライチェーンのインテリジェントエコシステムを構築する。

サプライチェーンのシステムにはIBMの提供するFood Trust Platformを採用している。収穫、皮むき、乾燥、梱包、計量、ブレンド、焙煎といった複雑な製造プロセス、そして輸出販売業者、国際輸送業者、輸入業者、焙煎業者、食料品店、カフェ、専門店といった流通プロセスをブロックチェーンで管理する。

商業化したIBM Food Trust ブロックチェーンで食の信頼はどう変わるか

アプリでコーヒーの製造・流通プロセスを確認可能

ファーマーコネクトはIBMと協力して、「Thank My Farmer」というアプリを提供する。消費者はアプリを通じて、コーヒーの製造や流通などのプロセスを確認することができる。さらに、気に入った生産者にはチップを送る機能も実装される予定だ。 アプリの開発画面 エコシステムに加入したメンバーはメンバー同士でフィードバックを送り合うことができ、消費者はアプリでコーヒーのプロジェクトについて学び、好みのプロジェクトをフォローしたり、共有することも可能になる。

今回の取り組みにはジェイコブズ・ダウ・エグバーツ以外にもコロンビアコーヒー生産者連合会、JMスマッカー、RGCコーヒー、ベイヤーズコーヒー、スカフィンといった企業や組織が参画する。伊藤忠商事はアジア企業として唯一参画することになる。

サプライチェーンの関連記事

伊藤忠、ブロックチェーンによる天然ゴムのトレーサビリティ実証実験に向け資本提携

ブロックチェーンの最も身近な事例 – サプライチェーン管理の仮想通貨プロジェクト

IBMなど大手4社がFDAと連携し医薬品サプライチェーンにブロックチェーン導入へ

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEが国内向け仮想通貨取引所『BITMAX』開設 LINE Payで入金可能

前の記事

スマートコントラクトのサイコロアプリで不動産手数料割引 ツバイスペースが商用利用開始

次の記事

RELATED

関連記事