HOME NEWS 仮想通貨で投資するクラウドファンディング『INKubator』リリース

仮想通貨で投資するクラウドファンディング『INKubator』リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールを拠点にするブロックチェーンプロジェクトInkはクリエイティブコンテンツ資産取引プラットフォーム『INKubator(インクベーター)』をリリースした。

インクベーターはクリエイターのためのクラウドファンディングプラットフォームとして、イーサリアムや独自通貨のINKによる資金調達ができる。クリエイターと投資家との間にはクリエイターの独自トークンが流通し、トークンエコノミーが広がっていく。

インクベーターの経済圏

インクベーターには3つの機能がある。

ひとつは、デジタルコンテンツの著作権登録をするタイムスタンプ機能。ブロックチェーン技術により、クリエイターの著作物や、ユーザーの保有するコンテンツは保護される。

ふたつ目はクラウドファンディング機能。クリエイターは資金調達を実施でき、投資家はコンテンツを無料で利用できたり、一定量のトークンを保有している場合は優待を受けたりすることもできる。

三つ目は投資者間でトークンを取引する取引所機能。クラウドファンディングに参加できなかったユーザーも、取引所でトークンを購入することができる。逆に、保有しているトークンの価値が上がれば、取引所で売却して売却益を得ることも可能だ。

ICOせず1000万INKのエアドロップを実施

インクベーターは初期のトークン流通のためにエアドロップを実施する。現在、リリース記念として登録キャンペーンが開催中で、エアドロップのためのトークンが1000万INK発行されており、順次配布される予定だ。

インクベーターのアカウントを発行すると300INKが配布される。ログインキャンペーンページからエアドロップに参加できる。

国内発のトークン型クリエイター資金調達サービスは激戦

日本国内だけでも、トークンを利用したクリエイター支援、資金調達のプラットフォームはすでにいくつかプロジェクトが存在している。

中小規模の店舗や企業向け『SPOTSALE』

イジゲンが運営する『SPOTSALE(スポットセール)』は中小規模の店舗や企業が資金調達をするためのプラットフォームとしてすでにサービスインしている。

独自コインでファンと接点『SPOTSALE』の目指すエコシステム

コスプレプラットフォーム『Cure』

コスプレコミュニティサイトの『Cure(キュア)』はコスプレイヤーやカメラマン、ファンのためのトークンエコノミーの実現を目指しICOを計画中。

世界的コスプレプラットフォームCure(キュア)がICO計画を発表!

オタク向けトークンエコノミー『OTAKU COIN』

Tokyo Otaku Modeによるトークンエコノミー構想『OTAKU COIN(オタクコイン)』もクリエイターとファンを繋げるための資金調達機能を備える予定。ICOは実施せずトークンを無償配布して初期のトークン流通を促進する計画を発表している。

オタクコインがコンセプトペーパーを公開 ICOは行わずトークン無償配布

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイターのための投げ銭プラットフォーム『Leth』 個人が開発

前の記事

「仮想通貨で報酬支払い」ニーズに答える決済システム『SCPay』

次の記事

RELATED

関連記事