HOME 新着ニュース 『Initiative Q』エアドロがSNSで猛拡散 元PayPal開発者による決済システム

『Initiative Q』エアドロがSNSで猛拡散 元PayPal開発者による決済システム

このエントリーをはてなブックマークに追加

元PayPalの開発者達によって作られた決済システム『Initiative Q(イニシアティブ・キュー)』のエアドロップがSNSで拡散している。Initiative Qを発案したのは詐欺防止技術『Fraud Sciences』を開発してPayPalに事業売却したSaar Wilf氏だ。

11月2日からエアドロップキャンペーンを実施しているが、「何百万人もの人々が参加すれば主要通貨になる」「エアドロップで受け取れる金額は毎日少なくなる」といったうたい文句で賛否を呼んでいる。

エアドロップに参加するには招待を受ける必要があるが、Initiative Qにサインアップするだけで登録は完了されるためウォレットなどの準備がいらず手軽なことも拡散を後押ししている。

仮想通貨のエアドロップとしてはそれほど目新しさのないキャンペーンだが、どこまでユーザーを増やしていくのか注目が集まる。

Initiative Qの経済モデル概要

Initiative Qの公式サイトによると、決済ネットワークの開発に成功すれば1Qあたり1米ドルの価値で提供される見込みだという。

価値算定の根拠として、Initiative Qでは通貨の流通速度を指標にしている。

交換方程式 により「通貨の流通速度」が求められ通貨の流通速度はその通貨の合計支出 (または収入) 割る貨幣供給量 (流通している通貨の合計量) と定義されています。

この定義に当てはめると、世界の通貨の平均流通速度は2となる。長期的な目標として、Qの平均流通速度も2に近づけることで、主要通貨を目指すアプローチだ。

Initiative Qの決済ネットワークの概要

初期の流通を促進するためQを無償配布

Initiative Qは国際的な主要通貨となることを目指している。その障壁になっているのは「売り手も買い手も利用できる決済手段がないこと」だ。

売り手のいない新しいネットワークに加わりたい買い手はいないということ、そして、買い手が使わない決済オプションを採用する売り手はいない、といういつの時代も変わらない障壁にあります

この最大の課題を解決するための最初の手段として、無償でQを配布して流通させる戦略だ。

高度な詐欺対策

既存の課題として、クレジットカード決済や国際送金の手数料のうち、多くが詐欺対策に費やされている事が挙げられる。Initiative Qでは高度な技術をもって詐欺防止の精度を高め詐欺を削減するとしている。

弊社はすでに複数の驚くべき技術を採用しており、スマートフォンには指紋センサー、GPS、顔面や声を認識可能なカメラとマイクや、最も高度な暗号化機能が搭載されています。これらの機能は個人情報の窃盗がはるかに困難になる、高度に安全な 多要素認証方式を実行するために利用されます。

発案者のSaar Wilf氏は詐欺防止技術のソリューションをPayPalに事業売却しているだけに、この領域がInitiative Qのコアになる事が考えられる。

Initiative Qと暗号通貨の違い

Initiative Qは暗号通貨のシステムについて「順調に機能しており、現在これに勝るシステムはありません」と一定の評価はしているものの、一線を画すシステムであると違いを明確にしている。

暗号通貨の特徴は数学的に優れた「不変の通貨元帳」であるが、それは今日において必要とされていないとInitiative Qは主張しており、セキュリティリスクをユーザーに責任転換していることを課題に挙げている。

Initiative Qもネットワーク内の残高の清算にはブロックチェーンを利用して顧客保護をすると記載されているが、詳しい利用方法についての記載は無い。

Initiative Qに関する概要や理念、ビジネスモデルといった情報は公式サイトに記載されているが、ホワイトペーパーの類のドキュメントは公開されておらず、具体的な技術については不明な点が多いのが現状だ。

ネットの声はInitiative Q懐疑派、否定派の意見が目立つ

TwitterのInitiative Qに関する議論を見ていくと、懐疑派、否定派の意見が目立つ。肯定派の意見が少なく見えるが、肯定派のユーザーは定型文をコピペした招待リンクをシェアしているため、自分の言葉でInitiative Qの利点を説明しない傾向があるようだ。以下は懐疑派、否定派の投稿内容。

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

マルタ、『ブロックチェーン島』の次は『国家AI戦略』策定へ

前の記事

BitZenyが脆弱性攻撃受ける コミュニティがマイナーと保有者に対応策を呼びかけ

次の記事

RELATED

関連記事