HOME NEWS 2段階認証アプリGoogle AuthenticatorとAuthyの使い方と違いを解説

2段階認証アプリGoogle AuthenticatorとAuthyの使い方と違いを解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

取引所に登録する際は2段階認証の設定が必要になります。2段階認証は取引所に登録した自分のアカウントへの不正ログインを防ぐための最終的な砦のようなものです。

2段階認証アプリでおすすめなのは『Google Authenticator』と『Authy』のふたつです。今回はその使い方や比較について解説します。

【Google Authenticator】

【Authy 2-Factor Authentication】

 

2段階認証アプリの使い方

 Google Authenticator

仮想通貨取引所でもよく推奨されているアプリで「Google認証システム」とも言います。まずはアプリをダウンロードしてください。

次に、取引所の「2段階認証設定」画面からQRコードをスキャンしてください。下の画像はバイナンスのものですが、どの取引所もQRコードが表示されています。

Google認証アプリ起動させ、画面の右上にある「+」をタップし、「バーコードをスキャン」を選択するとカメラが起動するので、取引所に表示されている2段階認証用のQRコードを読み込みましょう。

成功すると下のように取引所名と6桁のコードが表示されます。このコードは30秒ごとに更新されていて、ワンタイムパスワードとして使われます。

6桁のコードを取引所のログイン時の二段階認証パスワードとして入力します。バイナンスなら下の画像にように入力して完了です。どこの取引所も大抵は同じ手順です。

Authy 2-Factor Authentication

Authyは複数端末の同期を行うことができ、認証コードの共有ができます。バックアップ可能で、GoogleChromeの拡張機能があるのでパソコンでも使用できます。ただし英語のみの対応となっています。

ダウンロードが完了したら、アプリを起動させます。起動すると下のような画像が表示されます。

「Code」は日本の国際電話番号の頭は「81」です。その次の「Cellphone number」には電話番号を入力し「OK」をクリックします。

次に、登録に必要な確認コードを伝える方法が表示されるので、どちらかを選びます。電話かSMSで送られてきます。

SMSを選ぶと確認コードが届くので、それをAuthyに入力します。ここまで設定完了するとAuthyを利用できるようになります。

Authyの特徴として、クラウド上にワンタイムパスワード情報をバックアップしておくことで、複数端末の同期が可能になります。Authyの「Settings」→「ACCOUNTS」から設定可能です。

この「Backups」を有効にすると、マスターパスワードの入力をするように指示が出ます。このパスワードは他の端末でAuthyを利用する際の同期に必要になります。

次に、Authyにアカウントを追加します。「SCAN QR CODE」をタップしてカメラを起動します。取引所にある2段階認証設定のページにあるQRコードを読み込みます。

QRコードを読み込むと6桁のコードが表示されるので、それを取引所の入力欄(上記にも記したように)に入力して完了です。取引所で行う設定の手順はGoogle認証と変わりません。

2段階認証アプリについてのまとめ

どちらの認証アプリも有名で取引所に登録したことがあるユーザーなら見たことがあると思います。しかし面倒だからと後回しにしてしまうと、不正アクセスされてしまう可能性もあるので、まだ設定していない場合はすぐにでも設定を行いましょう。

【Google Authenticator】

【Authy 2-Factor Authentication】

この記事の著者
一芯二葉
主に仮想通貨関係の記事を執筆しているwebライター、その他に美容系、ライフスタイルなど執筆しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気トレーダーと同じ注文を自動取引『Moneco』が事前登録開始

前の記事

SpaceXのコンペで入賞した『rLoop』がトークンセール実施

次の記事

RELATED

関連記事