HOME 新着ニュース チョコレート大手ハーシーズ、広告とサプライチェーンにブロックチェーン導入へ

チョコレート大手ハーシーズ、広告とサプライチェーンにブロックチェーン導入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレート製造大手ハーシーズは、アメリカのブロックチェーン広告研究開発コンソーシアムの『AdLedger(アドレッジャー)』に参加したことがわかった。

また、同社は広告だけでなくチョコレートの原料となるカカオ豆からの製造・物流・販売といったサプライチェーンのトラッキングにもブロックチェーン技術を採用することを検討している。

広告業界の透明性の実現目指すアドレッジャー

アドレッジャーはデジタル広告の分散化を調査、研究する非営利団体で、IBMやTenga、MadHiveが2018年に設立したコンソーシアムだ。

インターネットの普及によって広まったデジタル広告だが、キャンペーンの透明性が低く広告効果がブラックボックス化しやすい課題がある。

コンソーシアムを形成し、ネットワーク内の企業や団体が互いに広告キャンペーンのプロセスや効果を監視しあうことで、不正のない健全なマーケティングエコシステムを構成する。

すでに事例が出ているブロックチェーン広告

2018年にはビールメーカー大手のバドワイザーがブロックチェーンを導入した広告キャンペーンを実施している。

このキャンペーンには、デジタルマーケティング企業のKiipが提供するブロックチェーン製品の『Single Ledger』が採用され、広告詐欺が排除されたクリーンなデータ管理が実現した。

また、日本でもトヨタがマーケティング分析サービスを提供している『Lucidity』と提携して、無駄のないクリーンな広告配信の取り組みを発表している。

バドワイザーのAB InBevがブロックチェーン利用の広告を開始

チョコレートのサプライチェーンに大規模な変革

ハーシーズのカカオを原料とした商品のサプライチェーンにもブロックチェーンの導入が検討されている。

具体的な内容は明かされなかったものの、ADWEEKの取材でハーシーズのテクノロジー責任者addressable media氏は「従来のプロセスからの根源的な転換につながる」と語っており、注力度がうかがえる。

大手企業の大規模なシステム変革だけに、どの企業のブロックチェーンソリューションを導入するのかにも注目が集まる。

この分野でリードしているIBMはサプライチェーンをブロックチェーン化するソリューション『IBM Food Trust』をすでに商業化させている。

ハーシーズがアドレッジャーに加入したことで、IBMのソリューション導入が加速する可能性もある。

商業化したIBM Food Trust ブロックチェーンで食の信頼はどう変わるか

IBMの関連記事

IBMと海運大手の『TradeLens』が挑む貿易×ブロックチェーンの可能性

IBMと金融大手12社が『we.trade』で挑戦する金融貿易の革命とは

IBMがコンソーシアム型ブロックチェーンで仕掛ける4つの分野とは?

ブロックチェーン広告の関連記事

なぜブロックチェーンはデジタル広告に破壊的なイノベーションをもたらすのか

次世代ブラウザBrave「広告を見ると報酬」システムをついに発表

博報堂、デジタル広告をブロックチェーンのトレカとして集める新サービス開発

 

 

 

 

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

IBM、医療データプラットフォーム構築をブロックチェーンで推進

前の記事

Cardano ADAがハードウェアウォレットLedgerに正式統合

次の記事

RELATED

関連記事