HOME 新着ニュース 博報堂DY『IP Ledger』を開発 NFTでIPコンテンツ二次流通料をIPホルダーへ還元

博報堂DY『IP Ledger』を開発 NFTでIPコンテンツ二次流通料をIPホルダーへ還元

このエントリーをはてなブックマークに追加

博報堂DYメディアパートナーズのdAppsプロダクト開発チーム『PlayAsset(プレイアセット)』は、IPコンテンツの著作権をブロックチェーン管理するシステム『IP Ledger(アイピーレッジャー)』を開発したことを公式サイトで発表した。

二次流通の利用料もIPホルダーに還元

博報堂DY『IP Ledger』を開発 NFTでIPコンテンツ二次流通料をIPホルダーへ還元

IP LedgerはIPコンテンツをNFT(代替不可能トークン)化して、著作権をブロックチェーンで管理する。

NFT化することで、IPホルダーは著作権を証明することができるだけでなく、該当するIPが二次利用された場合にもIPホルダーに利用料が還元される仕組みだ。

dApps開発者はIP Ledgerで登録されたNFTを購入して、スマートコントラクトに従って手続きを進めれば、IPコンテンツを自社のdAppsで発行・運営できる。

NFTの弱点を補い二次利用を現実的に

NFTはユニークなトークンで、なおかつブロックチェーンで所有権が証明できる。そのため、ひとつのゲーム内だけでなく複数のゲームをまたいでキャラクターやアイテムを利用できることが最大の特徴となっている。

しかし、ゲームをまたいでIPコンテンツを利用するためには、コンテンツの著作権管理や会社間での収益分配の取り決めなどといったハードルがある。IPホルダーは自社のコンテンツをNFT化することで、第三者が勝手にIPコンテンツを利用してしまう懸念があった。

IP Ledgerは、IPコンテンツの二次流通をトラッキングできるため、NFTの抱える現実的な問題を排除する。

博報堂DYメディアパートナーズは、アニメコンテンツのIP管理などのノウハウをdAppsゲーム分野で活かし、将来的にdAppsゲーム分野のビジネス展開を見据えている。

博報堂×ブロックチェーンの関連記事

博報堂DYメディアパートナーズ、dApps領域で東京理科大と『PlayAsset』プロジェクト組成

博報堂、ブロックチェーン×リアルタイム配信サービス『TokenCastMedia』を開発

博報堂、デジタル広告をブロックチェーンのトレカとして集める新サービス開発

 

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テックビューロ、ソフトウェア開発事業『COMSA CORE』の製品版を公開

前の記事

IKEA、政府公認ブロックチェーンeマネーを利用した世界初の企業間取引を実行

次の記事

RELATED

関連記事