HOME 新着ニュース 博報堂DYメディアパートナーズ、dApps領域で東京理科大と『PlayAsset』プロジェクト組成

博報堂DYメディアパートナーズ、dApps領域で東京理科大と『PlayAsset』プロジェクト組成

このエントリーをはてなブックマークに追加

博報堂DYメディアパートナーズは、東京理科大発のベンチャーShinonomeと協業して、dAppsゲーム領域の新規事業プロジェクト『PlayAsset(プレイアセット)』を組成したことを発表した

ゲームで遊ぶことを価値に変える

プレイアセットは「ゲームを遊ぶことが資産や価値になる世界を実現したい」をコンセプトにしたプロジェクト。

東京理科大発のベンチャーShinonomeを技術パートナーとしてブロックチェーン業界の有識者から意見を集め、dAppsゲームの成長を妨げる現状の課題を解決するプロダクト開発を加速する。

特に、暗号通貨でしか課金できない現状のdAppsゲームに対して、法定通貨でも課金できる決済システムの構築や、dAppsゲーム開発のための基盤機能の整備・開発、および機能のAPI化による開発の簡易化を目指す。

2019年内に複数ゲームをリリースして実証実験

プレイアセットは今後の方針として、2019年内は各種プロダクトの開発及びテストマーケティング期間と設定している。

実際に複数のゲームをdAppsゲーム市場に投入して実証実験する計画も進行中だ。

テストマーケティングのフィードバックを受けて、プロダクトの実用性やビジネス性を検証する。

また、将来的にはdAppsゲーム市場にとどまらず様々なdAppsでビジネスの可能性を模索し、新規事業の立ち上げを検討するとしている。

dAppsゲームの関連記事

ERC1155とは?特徴やdappsゲームとの親和性をわかりやすく解説

博報堂、ブロックチェーン×リアルタイム配信サービス『TokenCastMedia』を開発

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメ『みるタイツ』の視聴権トークンをブロックチェーンプラットフォームBlockPunkで販売

前の記事

メタップス、dappsゲームアセットのマーケットプレイス『miime(ミーム)』を発表

次の記事

RELATED

関連記事