HOME 新着ニュース 博報堂、ブロックチェーン×リアルタイム配信サービス『TokenCastMedia』を開発

博報堂、ブロックチェーン×リアルタイム配信サービス『TokenCastMedia』を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

博報堂によるブロックチェーン技術を利用したマーケティングソリューション開発プロジェクト『HAKUHODO Blockchain Initiative(博報堂ブロックチェーンイニシアティブ)』はリアルタイムでトークン化されたデジタルアセットを配信するサービス『TokenCastMedia』を開発したことを発表した。

ラジオでアイテムがもらえる『TokenCastRadio』

TokenCastMediaの第一弾プロダクトとして、ラジオを聴くことでDappsゲーム内のアイテムが獲得できるスキーム『TokenCastRadio』の試験放送を、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社毎日放送、トークンポケット株式会社、株式会社フランジア、エヴィクサー株式会社と共同で3月に実施することが決定している。

TokenCastRadioを通じて配信された番組は、通常のラジオ番組のように情報を受け取ることができる他に、トークンアセットのような価値を受け取ることができるようになる。

TokenCastMediaは、デジタルアセットの所有権を安全かつ迅速に移転できるブロックチェーン技術の特徴を応用し、トークンとして実装されたデジタルアセットの情報を埋め込んだ透かし音を放送してスマートフォンの専用アプリで検出することで、リアルタイムで番組を視聴している生活者だけがデジタルアセットを受け取ることができる仕組みだ。

3月に実施される試験放送では、毎日放送のラジオ番組「オレたちやってマンデー(毎週月曜日深夜0時~放送)」内で透かし音として放送。リスナーは、エヴィクサーの音声認識技術が組み込まれた、トークンポケットのDappsブラウザアプリ『tokenPocket(トークンポケット)』を使い、放送中にゲームのキャラクターやアイテムを受け取ることができる。

立て続くHAKUHODO Blockchain Initiativeのリリース

HAKUHODO Blockchain Initiativeは1月末にも、生活者がデジタル広告をトレーディングカードのように集めることで企業から特典を受けられる新サービス『CollectableAD(コレクタブル・アド)』をユナイテッドとShanghai Qi Yin Information Technologyで共同開発したと発表したばかり。

CollectableADとTokenCastMediaに共通しているのは、生活者が主体となって情報やサービスをインタラクティブに送受信できるシステムであることだ。

ブロックチェーンの特徴である安全性を生かしたプロダクトで、エンゲージメントの高い顧客を囲い込むマーケティングソリューションとなれるか。

TokenCastMediaの参加企業について

毎日放送

近畿圏を放送対象とする放送局で、テレビ、ラジオを配信している。ラジオ番組「オレたちやってマンデー(毎週月曜日深夜0時~放送)」でTokenCastRadioの試験放送に協力する。放送内で透かし音声を配信することでデジタルアセットを受け取ることができる。

トークンポケット

トークンポケットはイーサリアムプラットフォームで運営されるDappsゲーム専用のブラウザ『TokenPocket(トークンポケット)』を開発・運営している。TokenCastRadioで透かし音声を認識して受け取るデジタルアセットを収納するウォレットを提供する。

TokenPocket(トークンポケット):https://tokenpocket.jp/ja/

エヴィクサー

エヴィクサーは自動コンテンツ認識や音センシングを可能にする技術『Evixar ACR』を提供する企業。TokenCastRadioで配信された音声コンテンツの透かし音声を認識する技術を提供する。

Evixar ACR:https://www.evixar.com/evixaracr

HAKUHODO Blockchain Initiativeの関連記事

博報堂、デジタル広告をブロックチェーンのトレカとして集める新サービス開発

 

 

 

 

 

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTデータ、ブロックチェーンアプリ開発のクラウド&コンサルサービス開始

前の記事

JASRACがブロックチェーン導入へ 著作権利用料フローの透明性高める

次の記事

RELATED

関連記事