HOME 新着ニュース マイナンバーを用いた本人証明アプリを開発 住民ID基盤『GaaS』と連携

マイナンバーを用いた本人証明アプリを開発 住民ID基盤『GaaS』と連携

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドソリューションを提供するスマートバリューは、マイナンバーを用いた本人証明アプリを開発したことを発表した。アプリはブロックチェーンで管理されている住民ID基盤『GaaS(Government as a Service)』と連携し、一部の行政サービスをアプリ上から利用できるようになる。

NFCスマホをかざして本人確認

本人認証アプリ イメージ

政府はデジタルファースト法に基づいて、マイナンバーカードの普及やマイナポイントの実施、健康保険証としての利用などの整備を進めている。スマートバリューはGaaSと本人認証アプリ、そして開発を予定する各種サービスの提供を通じ、今後普及を急ぐマイナンバーカードの利用シーンを創出し、利便性の高い行政サービスの実現に貢献する。

GaaSと本人認証アプリの展開イメージ

今回の取り組みでは、対応するNFCスマートフォンに本人確認アプリをインストールし、マイナンバーカードをかざすことにより公的個人認証サービスを用いてインターネットを通じた本人確認が可能になる。

GaaS上でデジタル化された行政サービス

スマートバリューは今後、GaaS上でデジタル化された行政サービスの展開を予定している。オンライン申請・手続きサービスをはじめ、キャッシュレス機能による地域通貨や地域ポイント、チケッティングによる施設予約や移動手段の提供をする計画だ。

なお、スマートバリューは日本初のブロックチェーンを用いた住民ID基盤GaaSの展開を開始しており、石川県加賀市で第一弾を公開している。

GaaSのイメージ図

GaaSは、LGWAN(統合行政ネットワーク)内で取り扱われる行政サービスの各種データと利用者情報を適切なセキュリティレベルで結び付けることにより、行政サービスのデジタル化を目指している。

マイナンバー×ブロックチェーンの関連記事

つくば市「ブロックチェーン×顔認証×マイナンバー」によるネット投票実施へ

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

SKILL、ブロックチェーン活用のHRテックサービス『職歴BANK』をリリース

前の記事

地域来訪者の興味・関心をトークン化『YOKANE』が福岡市で実証実験開始

次の記事

RELATED

関連記事