HOME 新着ニュース 『スタートバーン』を利用したアートイベント『富士山展2.0』開催へ

『スタートバーン』を利用したアートイベント『富士山展2.0』開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自由度の高い展示が特徴のアートイベント『富士山展』は、2019年度の開催にブロックチェーン×アートのプラットフォームである『startbahn.org(スタートバーン)』を利用することを発表した。

富士山展はこれまで『富士山展β』『富士山展1.0』と題して開催されており、2019年度のタイトルは『富士山展2.0』となる。会場はウェブ上の仮想空間と、リアル会場として全国50の地域を予定している。開催予定の会場は以下の通り。

メイン会場であるGallery MoMo Projectsのほか、中央本線画廊、四谷未確認スタジオ、space dike、本屋B&B、ギャラリー広田美術、HAMON GALLERY、Baexong Arts京都、神社……等々

ブロックチェーン×アートのサービス『スタートバーン』はアートを転売しても作者に還元される仕組みが特徴の売買プラットフォームだ。トップアーティストの作品ばかり売れるアート業界の課題を解決するソリューションとして注目を集めている。

アート転売しても作者に還元金 スタートバーンが1億円超の資金調達

スタートバーンの仕組みを用いることで、作品に証明書や売買の履歴をブロックチェーンに記録することができる。富士山展2.0で出展される作品はこの仕組みにより、流通の透明化や作者への還元といったメリットを受けられる。

出展者は現在募集中で、定員に達した時点で募集は終了する予定だ。詳細は募集要項ページから閲覧できる。

アートに関する関連記事

クリエイターのための投げ銭プラットフォーム『Leth』 個人が開発

 

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

メタップス、dappsゲームのマーケットプレイス『TEMX』を発表

前の記事

nemlogがユーザーの実験行為により公開停止 開発者「セキュリティに問題なし」

次の記事

RELATED

関連記事