HOME 新着ニュース Facebookが2020年に独自トークン『GlobalCoin』発行へ

Facebookが2020年に独自トークン『GlobalCoin』発行へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookは2020年に独自トークン『GlobalCoin(グローバルコイン)』を発行する予定であると24日、BBCが報じた。2020年の第一クオーターにリリースされる計画で、2019年内にテストを実施する予定とのこと。

12か国で利用できる支払いシステム

現時点で明かされている情報は少ないが、BBCの報道によると2020年第一クオーターにリリースされるのは、12か国で利用できる暗号通貨ベースのデジタル支払いシステムだという。

今後の情報解禁については、今年の夏までにさらに詳細な説明がされる可能性があるとしている。

Facebookの暗号通貨をめぐる動き

Facebookはこれまで、暗号通貨に参入することを示唆する動きがたびたび見られていた。

今月に入り、スイスのジュネーブに新会社『Libra Networks』を設立している。ジュネーブは国際的な金融ハブとしても知られる都市だ。

さらに、BBCの報道では米国財務省とイングランド銀行総裁のMark Carney氏からアドバイスを受けているとのことで、規制対策などに奔走している様子が見て取れる。

世界中がつながる金融ネットワークとなるか

グローバルコインがどのように利用されるか詳細な情報は不明だが、Facebook社が世界中に抱えている20億人とも言われるユーザー同士がブロックチェーンを通じて送金できるようになればインパクトは大きい。

今年に入ってから、Facebookは同社が運営する3つのメッセンジャー機能を持つアプリMessenger、Instagram、Whats Upの統合を検討していることが各メディアから報道されている。

これらのメッセンジャーアプリが統合され、さらにトークンの送受信ができるようになれば瞬く間に世界中の個人がつながる金融ネットワークとなる。

またWiredでは、Facebookの仮想通貨プロジェクトが広告表示に対して報酬を支払うポイント制度を検討していると報じている。

広告閲覧にインセンティブを付与するシステムとなれば、Braveと同様のトークンエコノミーによるビジネスモデルが想定される。Facebookは主な収益が広告収入であるため、可能性としては十分にあり得る話だ。

ブロックチェーンブラウザBrave、広告を見たら報酬付与の『ブレイブアド』公開

Facebookの関連記事

Facebookが仮想通貨広告の規制緩和 事前申請無しでも一部掲載可能に

Facebookが仮想通貨広告の規制を緩和 ICOは引き続き禁止

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『炭火焼肉たむら』にCardano ADA決済導入 きっかけはTwitterで

前の記事

ハウ、地方創生に特化したAI・ブロックチェーン導入支援サービス提供開始

次の記事

RELATED

関連記事