HOME 新着ニュース Facebookが仮想通貨広告の規制緩和 事前申請無しでも一部掲載可能に

Facebookが仮想通貨広告の規制緩和 事前申請無しでも一部掲載可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookは5月9日、広告掲載ポリシーを更新し金融サービス、仮想通貨、ブロックチェーンテクノロジ関連の広告の掲載に関する規制を緩和したことを発表した。

ICOやバイナリオプションの広告掲載は引き続き禁止したままだ。

事前承認無しでも掲載可能に

今回の規制緩和では、これまで事前承認制となっていた金融サービス、仮想通貨、ブロックチェーンテクノロジ関連の広告掲載について、事前の申請が無くても広告を掲載できるようになる。

Facebookは今年6月にもポリシー更新をひかえており、ここでは差別的な広告や誤解を生みやすい複雑な金融商品を許可しない方針をとる。

その文脈から、ICOやバイナリオプションは引き続き禁止となる予定であると言及した。

Facebookの仮想通貨広告を巡るこれまでの動き

Facebookはこれまで仮想通貨関連の広告に対するスタンスを細かく調整してきた。大まかな変遷は以下の通りだ。

まず、2018年2月に仮想通貨関連の広告を「全面禁止」としてきた。ICOなどへの投機が加熱していた時期で、詐欺まがいの手口で集客する業者が多かったための対応だ。

同年6月に、ICOとバイナリオプションを除いた仮想通貨関連広告の掲載を事前承認制で許可するよう、規制を緩和している。

Facebookが仮想通貨広告の規制を緩和 ICOは引き続き禁止

これらの変遷を経て、今回の規制緩和では事前承認無しでの広告掲載が可能になった。

IT大手の仮想通貨広告の対応

Googleでは仮想通貨関連の広告について、2018年10月のポリシーアップデートで、Googleの承認を経て広告を掲載することが可能となっている。

Twitterは2018年3月に仮想通貨関連の広告掲載を規制したが、全面禁止ではなく、日本で仮想通貨交換業者として認可されている事業者に限定して掲載可能としている。

仮想通貨広告に関する記事

Googleが仮想通貨の広告を禁止。価格への影響は。

議論呼ぶCoinhive コインマイナーは善か悪か

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Binanceが大規模ハッキング 約44億円相当のBTCが不正に引き出される

前の記事

日本初、代表者不在の非中央集権政治団体『トークントークン』設立

次の記事

RELATED

関連記事