HOME NEWS dappsゲームの本命『イーサタウン』が正式リリース

dappsゲームの本命『イーサタウン』が正式リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売買のdappsゲーム『イーサタウン』が8月2日、正式リリースした。イーサタウンは3月からフロアやキャラクターのプレセールを開始し、5月から参加者を限定したクローズドベータテストを実施していた。

『クリプトタワー』と呼ばれるタワーには様々なフロアが存在し、各フロアでゲームを遊べる。また、ゲーム結果に応じて換金可能なトークンを受け取ったり、フロアのオーナーとなって売り上げの一部を配当として受け取れたりするなど、dappsゲームとしてはリッチなゲーム性が特徴だ。

キャラクターを育成する『アドベンチャー』

アドベンチャーフロアでは、手持ちのキャラクターを冒険に出して報酬を受け取ることができる。キャラクターが経験値を得たり、ゲーム内通貨のGEMもここで獲得できる。無料で遊べるステージもある(ガス代は必要)。

格闘ゲーム風じゃんけん『タイタンズアリーナ』

『タイタンズフロア』では格闘ゲーム風の対戦ゲームが遊べる。ゲームはじゃんけんと同じで、「Attack」「Defend」「Trick」の三すくみになっている。事前にどの攻撃をするか戦略を決めておき、三すくみに勝利すればダメージを与えられる。

ムーンファクトリー

ペンギンの宇宙飛行士を月に送るための宇宙船を作るゲーム。宇宙船を作るためのパーツや宇宙船を売買する。ルールがやや複雑なため、上級者向け。

フロア販売

フロアの販売は随時開始される。オークション形式で個人が購入する場合と、複数人で購入する場合がある。フロアの営業か開始されると、売り上げの配当がオーナーに分配される。

ギャンブルゲーム

ルーレットフロアと大釜フロアではギャンブルゲームが遊べる。

ルーレットは通常のルーレットルールと同じで、予想した目が出れば勝ちとなる。遊ぶためにはETHかETITをデポジットとして入金しておく必要がある。

大釜ゲームでは、好きな釜を選んでベッドし、一定数の参加者が集まるとカウントダウンがスタートする。カウントダウン終了後に、抽選で3名がベッド総額を山分けで獲得できる。

今後は日本語対応も

日本コミュニティも活発なイーサタウンはdappsゲームのブーム火付け役となれるか。日本語対応は現在準備中だと公式からもアナウンスされている。仮想通貨の保有ハードルや、メタマスク導入などの煩わしさを超えてユーザーを集められるコンテンツパワーを期待したい。

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

分散型アプリケーションdappsの課題と今後について

前の記事

プレイヤーの空きCPUでマイニング スマイルメーカー新作ゲーム

次の記事

RELATED

関連記事