HOME NEWS 6/2 日中ブロックチェーン産業技術交流会ENCHAIN TOKYOが開催

6/2 日中ブロックチェーン産業技術交流会ENCHAIN TOKYOが開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

日中ブロックチェーン関係者による情報交換とビジネスチャンス検討をテーマに「ENCHAIN TOKYO – ブロックチェーン時代のコミュニティエコロジー」が2018年6月2日(土)15時よりNagatacho Gridにて開催される。

日中のブロックチェーン投資家や起業家などの専門家によるパネルディスカッションや交流会が予定されている。

主催は中国ブロックチェーン企業日本進出応援団体「Enchain.Asia」とパブリックチェーン運営団体「BUMO」。

開催日時

2018年6月2日(土) 入場14:30より 交流会15:00〜19:00

会場

Nagatacho Grid 東京都千代田区平河町2―5―3

規模

30名〜50名の予定

スケジュール

15:00 ゲスト紹介

15:30 発表 パブリックチェーン「BUMO」技術紹介

16:00 パネルトーク

  • 日中ブロックチェーンビジネス提携の検討
  • 仮想通貨関連法律による影響と事業強化

16:30 発表 ブロックチェーンコミュニティ「ENCHAIN.ASIA」技術紹介

17:00 パネルトーク

  • 取引所とウォレット関連アプリの展開の検討
  • 日中ブロックチェーン技術の現状と方向
  • 仮想通貨以外のブロックチェーン技術の新たな活用方向

17:30 ディナーパーティ・自由討論


中国側来賓紹介

Kevin Guo ブロックチェーン投資家、起業家

Andie Zhu 技術者 ブロックチェーンエンジニア

Jason Wang 技術者 ブロックチェーンエンジニア

Wade Cui アメリカボストン大学金融法律専門家

Thay Yhone Miang Bizkey CFO 起業家

日本側来賓紹介

江角朋之 ブロックチェーン開発協会理事

市橋優綺 ブロックチェーン・ICO専門家

遠藤温子 日中ビジネス・ブロックチェーン弁護士

仮想通貨パブリクチェーン「BUMO」運営団体

中国・シリコンバレー・・スウェーデンからの精鋭技術者と経営者で結成された「BUMO」テームは次世代技術を活用したパブリックチェーンの開発と信頼できる関連ネットワークコミュニティの構築を行う。

大規模取引処理、拡張性、安全性を実現できる新たな「DPoS+BFT」型コンセンサスアルゴリズム「Firework」、Javascriptなどの言語でも開発できるやさしいスマートコントラクト「BuContract」、高速・安心なクロスチェーン取引フレームワーク「Orbits+Canal」など新技術の開発・構築することで、次世代信頼ブロックチェーンネットワークを目指す。

中国ブロックチェーン企業日本進出応援団体「ENCHAIN.ASIA」

日中創業者、技術専門家、投資家で結成されたチームで、2018年6月日本で法人登録を予定。
海外ブロックチェーン企業に対して、日本での法人登録・オフィス場所提供・人材リクルート・企画ローカライズ・現地企業との交流などの進出サポート関連サービスを提供する。
また、日本でのブロックチェーン関連情報や経験を全世界に発信し、交流会・技術フォーラムなどを主催したりすることで、グローバル的に業界の情報交換や企業間交流に尽力する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

gumiが仮想通貨事業に参入 国内外のベンチャーに出資

前の記事

Popshootが仮想通貨ウォレットアプリ『WeiWallet』を正式リリース

次の記事

RELATED

関連記事