HOME 新着ニュース ブロックチェーン開発のマッチング『CryptoBowl』β版リリース

ブロックチェーン開発のマッチング『CryptoBowl』β版リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン領域の開発を発注したい企業と、受注したい企業をマッチングするサービス『CryptoBowl(クリプトボウル)』のβ版がリリースした。運営するのはブロックチェーン事業を展開するEnbowl(エンボウル)で、現在開発中のブロックチェーンサービスの一部機能をCryptoVowlのβ版として独立させる。

CryptoBowlはすでにウォレット開発や、実証実験、システム開発といった導入事例もある。

開発を受注したい企業やフリーランス、発注したい企業は随時受付中となっている。

Enbowlは「次世代のインフラを創る」をミッションとし、CryptoBowl以外にもブロックチェーンのコンサルや勉強会の開催を手がけている。非エンジニア向けに開催しているビジネスやプロダクトサイドからのブロックチェーン勉強会では400人以上の参加者を抱えるコミュニティを運営している。

マッチング・アウトソーシングに関する関連記事

クラウドソーシング『ZOOM』が今秋ICO実施 フリーランスを定量評価

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ERC1155とは?特徴やdappsゲームとの親和性をわかりやすく解説

前の記事

ポケモンGo風位置ゲー『ビットにゃんたーず』フィールドテスト開始

次の記事

RELATED

関連記事