HOME 新着ニュース イー・ガーディアン仮想通貨交換業者登録コンサル開始 金融庁の審査再開受け

イー・ガーディアン仮想通貨交換業者登録コンサル開始 金融庁の審査再開受け

このエントリーをはてなブックマークに追加

総合ネットセキュリティ企業のイー・ガーディアンは仮想通貨交換業者登録の審査をサポートするコンサルティングサービス事業を開始したと発表した。

同社は主力事業であるネットサービスにおける投稿監視、風評調査、オンラインゲームのサポートなどで培った知見を生かし、2016年から仮想通貨交換業者向けKYC(本人認証)業務にも参入している。

これらのノウハウを基盤に、仮想通貨交換業の業務立ち上げ段階の設計・体制構築及びサービスリリース後の運用までを包括的に支援する仮想通貨交換業登録コンサルサービスを提供する。具体的なサービス内容は以下の通り。

本サービスは、仮想通貨の交換業を営む、もしくは営もうとしている企業全般を対象とし、KYC業務、コールセンター業務(電話、メール、チャット)、疑わしい取引の検知、不適正取引の検知、入出金処理業務などの人材提供や、セキュリティ規約、脆弱性診断、デバッグなどのシステムをメインに金融庁への登録審査における必要業務のコンサルティングを行います。
さらに申請前の業務立ち上げ段階の設計だけでなく、申請した質問表に基づき、KYC業務、コールセンター業務、事務業務の体制構築及び脆弱性診断やデバッグなど、サービスリリース後の運用が可能なことから、本サービスの提供を通し、仮想通貨市場の健全性や信頼性の向上に貢献いたします。

この事業のリリースの背景として、2018年12月にこれまでみなし業者であったコインチェックが仮想通貨交換業者に登録されたことが影響していると見られる。

コインチェック事件以降、金融庁による審査は実質ストップ状態となっていたが、コインチェックの登録を皮切りに審査が再開される可能性が高い。

とはいえ登録の審査を待っている事業者は200を超えるとも言われており、審査を通過するハードルは高く、コンサル事業には一定の需要はありそうだ。

金融庁の仮想通貨交換業者登録の関連記事

コインチェックが仮想通貨交換業者登録へ 審査再開なるか

金融庁認定通貨リスト『取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書』が公開

金融庁規制でどう変わった?各社のトークンエコノミー戦略を解説

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン×HRのSKILLがPoA実用化に向けマイクロソフトと連携

前の記事

一般向けにガラリ ALISがデザイン刷新しオープンβ版リリース

次の記事

RELATED

関連記事