HOME 新着ニュース テックビューロ、COMSA HUBのテストネットを公開 VR内通貨などに利用可能

テックビューロ、COMSA HUBのテストネットを公開 VR内通貨などに利用可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

テックビューロはICO総合プラットフォーム『COMSA(コムサ)』を構成するソフトウェア開発事業であるCOMSA HUBのベータ版(テストネット)を公開した。今回のテストネットはmijinプライベートブロックチェーンの利用者に限定して提供される。

VR内通貨などに利用可能

COMSA HUB管理画面イメージ

COMSA HUBは「パブリックブロックチェーン上の企業のマスターアカウントと内部のプライベート勘定との間で、トークンの残高をコントロールするソフトウェア」となっており、具体的には下記のように説明されている。

パブリックブロックチェーン上の企業のアカウントに送付されてくる入金を常時監視し、その残高をロックすると同時に、企業のmijinプライベートブロックチェーン上で同等のトークンを発行、該当する内部アカウントに送金します。
一方、出金を検知した場合は、そのトークンをmijinのプライベートブロックチェーン上でBurn*し、該当するパブリックブロックチェーン上の仮想通貨もしくはトークンのロックを解除し、該当するパブリックブロックチェーン上のアドレスに対して送金します。

プレスリリースより引用

要するに、パブリックブロックチェーンで発行されたトークンをmijinのプライベートブロックチェーンで流通させることができるようになる。

例えば、VRの世界に流通する通貨をCOMSA HUBのmijinプライベートブロックチェーンで管理することで、トークンの高速処理が可能になる。また、改ざんが不可能なためセキュリティ面でも高いパフォーマンスが期待できる。

テストネットはmijinのライセンスホルダーが利用可能なため、限定的に提供することでフィードバックを得たい狙いがある。

COMSAプラットフォームの現状

ICO総合プラットフォームとして、COMSAは『COMSA HUB』に先立って『COMSA CORE』のテストネットを2018年12月に公開している。

COMSA COREはEthereumブロックチェーンとNEMブロックチェーンでトークンに変換し総量がコントロールできるソフトウェアだ。

ICOによるトークンセールを実施する際に、EtherreumベースでもNEMベースでもトークンを受け付けることができるメリットがある。

COMSAはHUBとCOREの二軸でソフトウェア事業を展開している。COMSAの開発ロードマップ

開発はロードマップ通りに進行しており、HUBとCORE共に年内に正式版がリリースされる予定だ。

COMSAの関連記事

消失分の返還は?mijinは?COMSAは?テックビューロ解散の情報まとめ

プレミアムウォーターがCOMSAプラットフォームでのICO検討中止へ

IPアドレスの収益化事業のIP GOLDがCOMSAプラットフォームを利用しICO実施

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ALISがコンサル事業開始 業界動向に配慮し収支健全化のマネタイズ施策として

前の記事

ブロックチェーンブラウザBrave、広告を見たら報酬付与の『ブレイブアド』公開

次の記事

RELATED

関連記事