HOME 新着ニュース テックビューロ、ソフトウェア開発事業『COMSA CORE』の製品版を公開

テックビューロ、ソフトウェア開発事業『COMSA CORE』の製品版を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

テックビューロホールディングスは、ICO総合プラットフォーム『COMSA』のソフトウェア開発事業である『COMSA CORE』の製品版を公開した。異なるブロックチェーン間でトークンのペッグと制御を行い、それぞれの価値をトークンに変換し、総量をコントロールできる。

BTC、ETH、NEMどのトークンでも受付可能

公開にあわせて、テストネットで試用できるでもアプリも公開している。概要は以下の通り。

デモアプリ(テストネット):https://comsa-core.comsa.io

チュートリアル:https://comsa-core.comsa.io/files/COMSA_CORE_DEMO_Tutorial_ja.pdf

公開期間:2019年9月30日〜2019年12月31日(ただし、テスト通貨が無くなり次第終了)

サポート窓口:専用slackチャンネル(平日10:00-18:00/年末年始除く)

https://comsa-core.slack.com/join/shared_invite/enQtNDk1NTMxNTQxMzY0LTkyYmZlZTMxYzA4OWE2ODA3MDRjMTNjM2M0M2NhOTI0MGE1MGQ0YzdkY2ZlY2Q2NjM5ZDZmYjJjZTExN2ZjOWU

引用:PR TIMES

COMSA COREデモアプリのイメージ

COMSA COREデモアプリのイメージ

COMSA COREを活用してICOセールをしたトークンは、ビットコイン、イーサリアム、NEMなど、異なるブロックチェーンで発行されたトークンでも受付が可能となる。

複数のブロックチェーンを採用できるため、トークンの流動性・利便性が高まり、トークンエコノミーを構築したい企業としてはメリットとなる。

VR内通貨利用などの『COMSA HUB』は今冬リリース予定

COMSAのソフトウェア開発事業のもう一つの目玉である『COMSA HUB』はテストネットを今年9月に公開しており、リリースはスケジュールどおりなら今冬を予定している。

テックビューロ、COMSA HUBのテストネットを公開 VR内通貨などに利用可能

COMSA HUBはパブリックブロックチェーンで発行されたトークンをmijinのプライベートブロックチェーンで流通させることができるソフトウェアで、VR世界などクローズドな世界で発行されるトークンを高速で処理するなどの用途が想定される。

COMSA COREとCOMSA HUBの二軸が予定通りリリースされれば、COMSAのICO総合プラットフォームとしての機能が揃うことになる。2017年10月にICOを実施して100億円相当の資金調達を成功させてから2年、今後のテックビューロHDの動きに再び注目が集まるか。

COMSAの関連記事

消失分の返還は?mijinは?COMSAは?テックビューロ解散の情報まとめ

プレミアムウォーターがCOMSAプラットフォームでのICO検討中止へ

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県の「SDGsつながりポイント」ベースにカヤック開発の「まちのコイン」を採用

前の記事

博報堂DY『IP Ledger』を開発 NFTでIPコンテンツ二次流通料をIPホルダーへ還元

次の記事

RELATED

関連記事