HOME 新着ニュース GMOコイン、仮想通貨「BAT」日本初の取扱を発表。販売所で売買可能に

GMOコイン、仮想通貨「BAT」日本初の取扱を発表。販売所で売買可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOコイン株式会社は3月18日、仮想通貨「BAT(ベーシックアテンショントークン)」の取り扱いを開始したと発表した。日本でBATを取り扱う仮想通貨交換所はGMOコインが初めて。BATの売買は販売所でおこなえる。

BAT(ベーシックアテンショントークン)とは?

デジタル広告の新しいエコシステムを目指して開発されたブラウザ「Brave(ブレイブ)」上で使用される仮想通貨。イーサリアムをベースにして開発されており、現在では世界100超の仮想通貨交換所で取り扱われている。

ブラウザ「Brave」のおもな機能とBATの使い道

Braveには第三者の広告やトラッカーのブロック機能をはじめとした、利用者のプライバシー保護に配慮した仕組みを実装している。Braveの大きな特徴でもある機能「Brave Rewards」では、Braveからの広告配信を許可した場合に広告閲覧の対価としてBATトークンが得られる。獲得したBATはサイトの支援にあてることも可能だ。

なお、日本では資金決済法等の法律を遵守するためBATではなく「BATポイント」が使われている。2020年3月現在はBATポイントをBATに替えることはできないが、今回の発表によりBATポイントの扱いも将来的に変わる可能性がありそうだ。

Braveの関連記事

関連リンク

ベーシックアテンショントークン取扱開始のお知らせ | GMOコイン
ベーシックアテンショントークン(BAT)とは | GMOコイン
Brave: プライバシーを重視した高速かつ安全な次世代ブラウザ | Brave Browser

この記事の著者
wanarin
仮想通貨は気ままに買う派です。 新しいサービスを知ったり見つけたりするのが好きです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタートバーン、アートのためのブロックチェーンインフラ『Startrail』本格稼働

前の記事

LayerXが三井物産、SMBC日興証券、三井住友信託銀行と新会社を設立

次の記事

RELATED

関連記事