HOME 新着ニュース コインチェック、仮想通貨「Qtum(クアンタム)」国内初の取り扱いを開始

コインチェック、仮想通貨「Qtum(クアンタム)」国内初の取り扱いを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

コインチェック株式会社は3月12日、仮想通貨「Qtumクアンタム)」の新規取り扱いを開始した。Qtumを取り扱う仮想通貨交換業者は同社が国内初とされ、コインチェックが取り扱う仮想通貨はこれで12種類となる。

Qtumの特徴

Qtumは、2016年12月にQtum財団のオープンソースブロックチェーンプロジェクトで開発された仮想通貨。コインの保有量・保有期間に基づく取引承認システム「Proof of Stake」を導入している。
独自技術により、ビットコインで用いられている安全性の高い残高確認方式を採用しつつ、イーサリアムのスマートコントラクトの実装を実現。メジャー通貨のメリットを兼ね備える。
決済だけでなく、分散型アプリケーションプラットフォーム(Dapps)としての機能も有しており、米グーグルや米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)とのパートナーシップを締結しDappsの開発環境の構築を行っている。

Qtumの取扱いについての詳細

通貨名:Qtum(クアンタム)
通貨コード:QTUM
取扱い開始日:2020年3月12日
対象サービス:

  • Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおける送金・受取・購入・売却
  • Coincheck貸仮想通貨(WEB)

関連リンク

コインチェック、Qtumの取扱いを3月12日に開始(2020.03.06) | コインチェック株式会社

Qtumの取扱い開始に関するお知らせ(2020.02.25) | コインチェック株式会社

この記事の著者
wanarin
仮想通貨は気ままに買う派です。 新しいサービスを知ったり見つけたりするのが好きです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日通がブロックチェーン活用の物流システムに1000億円投じる

前の記事

スタートバーン、アートのためのブロックチェーンインフラ『Startrail』本格稼働

次の記事

RELATED

関連記事