HOME 新着ニュース 高価な機材も電気代も不要!クラウドマイニングの仕組みとメリット、リスクについて

高価な機材も電気代も不要!クラウドマイニングの仕組みとメリット、リスクについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月、インターネット系の大手企業であるGMOインターネット・DMM.com・SBIホールディングスの3社がクラウドマイニング事業への参入を発表し、大きな注目を集めました。

当記事ではクラウドマイニングに興味のある方やこれから始めてみようと思ってる方のために、その仕組みとメリット、リスクについて詳しく説明していきたいと思います。

仮想通貨のマイニング(採掘)とは?

ビットコインを始めとする仮想通貨では、円やドルなどのような硬貨や紙幣は存在しません。

「甲から乙へ100コイン移動」

「乙から丙へ30コイン移動」

このような取引履歴が通貨の役割を果たしています。

そして、これらの取引データは一定時間毎に「ブロック」という単位でまとめられ、公開された取引台帳である「ブロックチェーン」に追記されていきます。

このとき、ブロックの追記を承認するためのキーを探し出すために膨大な計算を行う必要があるのですが、この作業のことを「マイニング(採掘)」と呼びます。

現在、世界中のコンピュータがマイニングのために使われおり、自分のコンピュータをマイニング作業に貸し、その対価として新しく発行された仮想通貨を手に入れている人々が「マイナー(採掘者)」と呼ばれています。

仮想通貨は取引所で購入するものと思っている人も多いかもしれませんが、実際にはマイナーが毎日マイニングして市場に仮想通貨が供給されているのです。

クラウドマイニングとは

マイニングにはコンピュータをはじめとしたハードウェアリソースに加え、それらを稼働するための多額の光熱費が必要となります。

最近ではビットコインなどメジャーな仮想通貨の価格が高騰してきたことにより、マイナーの争いはどんどん熾烈さを増し、個人が大手マイナーに対抗してマイニングを行うことは極めて難しい状況になっています。

そこで登場してきたのが、クラウドマイニングです。

これは、実際にコンピュータを使ってマイニングするのではなく、実績のあるマイナーに投資することで間接的にマイニングに参加する方法です。

マイナーは投資額を元手にマイニングを行い、そこで得られた報酬から手数料を差し引いて投資者に利益を還元します。

クラウドマイニングのメリット

クラウドマイニングはマイニングに関する知識が必要なく、誰でも手軽に始められることが特徴ですが、その他に次のようなメリットもあります。

  1. 初期の設備投資費用が必要ない
  2. 電気代が掛からない

以下、それぞれについて詳しく説明します。

初期の設備投資費用が必要ない

マイニングでは、最も早くキーを見つけたコンピュータが報酬を総取りします。

つまり、マイニングは過酷な計算競争であり、現在ではコンピュータに求められる計算能力はどんどん向上していて、通常のパソコンではとても太刀打ちできません。

大手マイナーは高い計算能力を持った超高性能コンピュータを何千台、何万台も揃えていて、当然ながら広大な敷地も所有しています。

個人でマイニングするのであれば、機材や土地を用意するだけで莫大な資金が必要になりますが、クラウドマイニングでは大手マイナーに作業を一任するため、それらが必要ありません。

電気代が掛からない

超高性能のコンピューターを24時間体制でフル稼働させるとなると、莫大な電気代が掛かってきます。

また、コンピュータが発する熱も相当なもので、それを冷却するためのエアコン代も無視できません。

さらに、その熱を下げるための冷却ファンの騒音も、コンピュータの数が多ければ凄まじいもとなり、住宅地でマイニングを行うことなどとてもできないでしょう。

そのため、大手マイナーは電気代と土地代が安くて人口密度の低い中国奥地や、年間を通して平均気温がとても低い北欧などにマイニングの拠点を作っています。

日本は電気代も土地代も人高密度も高く、夏場はとても暑くなりますが、クラウドマイニングならそういったことを気にする必要がありません。

クラウドマイニングのリスク

一方、クラウドマイニングのリスクとしては以下の2点が挙げられます。

  1. 仮想通貨の価値が下がり、投資額を回収できなくなる
  2. 投資先のマイナーが倒産する可能性がある

以下、それぞれについて詳しく説明します。

仮想通貨の価値が下がるリスク

近年、仮想通貨の価格変動は極めて激しくなってきています。

ビットコインを例にすると、2017年10月までは100万円未満で緩やかに価格が上昇していたものの、11月に入ると急激に高騰し、12月には一時223万円を超える価格まで暴騰しました。

その後、年が明けて下落を始め、2月初旬には一時70万円を割り込む事態に。

現在(2018年3月28日時点)は約90万円前後で推移していますが、円やドルのような通貨では考えられないほどの乱高下が当たり前になっています。

そのため、仮想通貨の価格が大幅に下がってしまえば、いくらマイニングしても投資元本を回収できないという事態に陥ることもあり得ます。

投資先のマイナーが倒産する可能性

仮想通貨の分野にはこれから新規参入者が激増することが予想され、その競争はどんどん苛烈になっていくでしょう。

そのため、マイナーが倒産する可能性は他業種と比べて高いと言わざるを得ず、そうなれば投資額は全て水の泡と消えてしまいます。

投資先の選定に関しては、慎重に調査しなければなりません。

また、仮想通貨の世界はまだ生まれたばかりで不安定なことから、残念ながら詐欺的な行為を行う業者が存在しないとは言い切れないのも現実です。

特に、クラウドマイニングは誰でも手軽に始められることがメリットである反面、知識に乏しいユーザーも多いため、そういった人々を狙った悪徳業者に騙されないように注意する必要があります。

まとめ

日本では「クラウドマイニング」という言葉についてまだ認知度が高いとはいえませんが、だからこそ「先行者利益」を得るチャンスが転がっているとも言えます。

これまで説明してきたメリットとリスクをしっかりと理解した上で、ぜひ、クラウドマイニングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

この記事の著者
紫電改
仮想通貨が未来をどのように変えていくのか、とてもワクワクしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

KikがUnityとの提携を発表 ゲーム開発者へブロックチェーン技術提供へ

前の記事

中部電力が研究中のライトニングネットワークとは?どんなことができるの?

次の記事

RELATED

関連記事