HOME NEWS テックビューロがカタパルトをリリース NEMへの実装やエンタープライズ利用に期待

テックビューロがカタパルトをリリース NEMへの実装やエンタープライズ利用に期待

このエントリーをはてなブックマークに追加

テックビューロが開発するブロックチェーン製品『mijin』の大型アップデートである通称『カタパルト』がリリースされた。ニューヨークの開催されたカンファレンスConsensus2018で発表され、NEMの公式ブログが14日、詳細を伝えた

リリースに合わせてオンデマンドの開発者ラボも開設しており、企業や個人が迅速にカタパルトを導入できるためのサポートを促進する。

今後のロードマップとして、2018年後半にはオープンソース化と商用ライセンス発行が予定されている。カタパルトがNEMに実装されるとしたらこれ以降のタイミングになりそうだ。

NEMはパブリックチェーンのプロジェクトで誰でも利用が可能というメリットがある一方で、エンタープライズ利用には参加者に制限を設けるプライベートチェーンが適しているという課題を抱えていた。しかしカタパルトが実装されることによって、パブリックとプライベート両方の機能を企業や個人が利用することができるようになる。

カタパルト時期はいつ?NEMとmijinとカタパルト完全解説!

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本初の仮想通貨に特化したインフルエンサーマーケティング事業『Crypto AGENCY』がサイト公開

前の記事

ナスダックのシステムを利用した最初の仮想通貨取引所が来月開設

次の記事

RELATED

関連記事