HOME 新着ニュース Braveが1000万MAU突破 昨年比で約3倍の成長

Braveが1000万MAU突破 昨年比で約3倍の成長

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーンを活用した次世代型Webブラウザ『Brave(ブレイブ)』の11月が1000万MAUを突破したことを発表した

11月19日に正式版となるバージョン1.0をリリースして以降19%、昨年比で3倍の成長となった。

ほぼ想定通りのユーザー数の成長速度

Braveは昨年9月にMAUが400万に達したとCEOのBrendan Eich氏が自身のTwitterで発表しており、2019年内には1200万MAUに達する見込みだと見解を述べていた。

次世代ブラウザ『Brave』がMAU400万到達 来年1200万見込み

今回の発表では、10月に870万MAU、11月に1040万MAUをそれぞれ記録したと数字を公開している。12月末時点で1200万MAUに達する可能性も考えられる成長速度となっており、ほぼ想定通りのユーザー推移となっていることがわかる。

BraveのDAU推移グラフ

DAUベースで見ると、2018年11月には約110万だったところ、2019年11月には約330万程度となっており、約3倍の成長している。

直近の急成長の要因に、正式リリースにあわせたiOS版でのリワードシステム対応がある。11月の数字を見ると、全プラットフォームのうち新規ユーザーの約27%がiOSユーザーを占めており、新規ユーザー獲得に貢献している。

また、Youtube、Twitter、Twitch、Webサイト、VimeoやGithubといったチャネルでBraveユーザーからトークンを受け取ることができるBrave認証済みクリエイターの数は34万人まで増加した。この数字は2019年年初の2.8万人と比較すると12倍となる。

Brave(ブレイブ)の関連記事

次世代ブラウザBrave(ブレイブ)の概要、特徴、将来性を徹底解説

分散型ブラウザBraveのリーダーモード、驚愕のハイパフォーマンスの理由

ブロックチェーンブラウザBrave、広告を見たら報酬付与の『ブレイブアド』公開

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bancoorがリアルの物とNFTを紐付ける新技術『ブロックチェーンカード』開発

前の記事

ブロックチェーンの貿易エスクロープラットフォーム『SHC』提供開始 少額や新興国需要に対応

次の記事

RELATED

関連記事