HOME 新着ニュース ブロックチェーンスマホ、10月に日本含む5カ国で発売

ブロックチェーンスマホ、10月に日本含む5カ国で発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

鴻海精密工業子会社のシリン・ラブズは30日、ブロックチェーン技術を搭載したスマートフォンを日本を含む5カ国で今年10月に発売すると日本経済新聞が伝えた。年内に10万台の出荷を目指し、価格は1000ドル(約10万8000円)とみられる。

イスラエルに拠点を置くシリン・ラブズはデジタル端末シリーズ「FINNY(フィニー)」の開発を進めている。ブロックチェーン技術を利用することでサイバー攻撃や不正アクセスのセキュリティが強化されていることが特徴で、すでにICO(イニシャル・コイン・オファリング)で180億円という巨額の資金調達を済ませている。

シリン・ラブズは公式Twitterで、製造担当企業としてFoxconn傘下のFIH Mobileを選定したことを発表しており、量産体制を整えている。

FINNYは仮想通貨の管理・保管に適しているとされ、アドレスや秘密鍵入力の代替として指紋認証や虹彩スキャンといった技術が採用される可能性もある。

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン導入を検討している大手企業とは?

前の記事

ビットコインの送金問題をLightning Networkが解決する?

次の記事

RELATED

関連記事