HOME 新着ニュース bitFlyer Blockchain、独自ブロックチェーン「miyabi」クラウドサービスを提供開始

bitFlyer Blockchain、独自ブロックチェーン「miyabi」クラウドサービスを提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 bitFlyer Blockchainは8日、エンタープライズ向け独自ブロックチェーン「miyabi」のクラウドサービスの提供を開始した。サービス提供方法として従来はライセンス型の販売モデルを採用していたが、BaaS (PaaS)モデルでクラウドを提供する。

ブロックチェーン技術は一般的に導入・構築が難しいとされてきたが、「miyabi」のクラウド化により簡単かつワンストップでブロックチェーンの導入が可能になった。クラウドサービス開始の背景には、顧客から「用途や目的にあった規模で、より早くブロックチェーンを導入・構築したい」という要望があったとしている。

エディションは「Economy」「Standard」「Enterprise」「Extreme」の4つのプランから選択可能。ビジネスの規模にあわせた機能で、企業側のコスト負担や作業量を軽減できるのが本サービスのメリットだ。

bitFlyer Blockchain のブロックチェーン「miyabi」とは?

「miyabi」は純国産のブロックチェーンとして2016年に誕生。独自開発のコンセンサスアルゴリズム「BFK2」を実装しており、トランザクションは世界最速の 4,000 件/秒を達成した。公式サイトの活用事例によると、セキュリティ・トークンで行う新たな金融取引やサプライチェーン業界などでの活用が紹介されている。

導入企業は住友商事や三井住友海上、Microsoft、デロイトトーマツなどの大手企業が名を連ねており、ブロックチェーン技術の将来性・堅牢性が再認識できる。

関連リンク

次世代ブロックチェーンmiyabi – bitFlyer Blockchain

bitFlyer Blockchain 公式Twitter(@bF_Blockchain)

この記事の著者
wanarin
仮想通貨は気ままに買う派です。 新しいサービスを知ったり見つけたりするのが好きです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファクトム(FCT)の開発会社が解散、プロジェクトには影響ないと説明

前の記事

実運用で国内初 LasTrustがブロックチェーン修了証書を提供

次の記事

RELATED

関連記事