HOME 新着ニュース Binanceが大規模ハッキング 約44億円相当のBTCが不正に引き出される

Binanceが大規模ハッキング 約44億円相当のBTCが不正に引き出される

このエントリーをはてなブックマークに追加

大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)が「大規模なセキュリティ侵害」を受け、約44億円相当のビットコインが不正に引き出されたと公式ホームページで発表した。

被害は全てバイナンスの保有しているBTCに限定されており、一般ユーザーへの影響はない。

ひとつの取引で7000BTCを引き出される

ホームページの発表によると、5月7日17時15分24秒(UTC)に発生したトランザクションで約7000BTCが引き出されたとしている。

影響範囲は全てバイナンスの保有するホットウォレットのみで、それ以外のユーザーのウォレットには被害は及んでいないと説明している。被害にあった7000BTCはバイナンスの保有しているBTCの約2%に及ぶ金額になる。

積立金(SAFU基金)で補填

バイナンスは取引手数料の一部を保険料として積み立てているが、今回は被害額の全てをこの積立金から補填する。

この積立金はバイナンスの『Secure Asset Fund for Users(SAFU基金)』と呼ばれるもので、2018年7月3日から発足した制度だ。

全ての手数料のうち10%はこのSAFU基金に充てられており、コールドウォレットで保管されている。

CEOのCZによる現状報告のライブ配信

バイナンスCEOのジャオ・チャンポン氏(通称CZ)は日本時間の5月8日正午に、ハッキング被害の現状報告のためのライブ配信を行った。

配信では、7000BTCが不正に引き出されたことを「残念ですが、現実です」と認めた上で、今後の対応について語った。

ハッキング発覚後に全ての取引が停止されている現状については、システムのリカバリーに加え、ハッカーの痕跡を削除する対応に追われているという。復旧の目処は「1週間ほどかかるでしょう」と見解を示した。

また、APIキーを利用してトレードをしているユーザーに対しては速やかに変更することを推奨している。

Binance(バイナンス)の関連記事

金融庁がBinanceに無登録で仮想通貨交換業に警告

今が買い時!?BNB(Binance Coin)の将来性が注目される理由

 

 

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク氏「Ethereum」意味深ツイート なぜかアイコンはハガレンのエド

前の記事

Facebookが仮想通貨広告の規制緩和 事前申請無しでも一部掲載可能に

次の記事

RELATED

関連記事