HOME 新着ニュース Bancoorがリアルの物とNFTを紐付ける新技術『ブロックチェーンカード』開発

Bancoorがリアルの物とNFTを紐付ける新技術『ブロックチェーンカード』開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアに拠点をもつブロックチェーン企業のBancoorは、ベトナムで開催されたブロックチェーンイベント「CRYPTO TRENDS 2020」にて、トレーディングカードなどリアルな「物」と「NFT(代替不可能トークン)」をイーサリアムのブロックチェーンを活用し紐付ける技術『ブロックチェーンカード』を開発したことを発表した

トレカやアートなどの所有権・著作権証明に

ブロックチェーンカードは物とNFTを紐付けて所有権を証明する。具体的には、物に記載されたQRコードを専用のスキャンアプリで読み取ることで、所有権を取得する。

所有権を取得すると、情報がブロックチェーンに書き込まれ偽造、複製は不可能になる。

ブロックチェーンカードはトレーディングカードやイベントチケットといった不正転売が頻発している領域に加えて、アートや写真作品の真贋鑑定にも用いられる予定だ。

Bancoorは『HB Wallet』などを開発

ブロックチェーンカードを開発したBancoorはブロックチェーンやスマートコントラクトを用いたアプリケーションを開発しており、2018年度にはカルフォルニアのIT情報誌『APAC CIO Outlook Magazine』にて、2ブロックチェーン関連企業トップ10に選出されている。

主なプロダクトとして、イーサリアムブロックチェーンで作成されたトークンを保存できるウォレット『HB Wallet』を開発している。世界で25万ダウンロードされており、チャットや投げ銭、他アプリとの連携など、多機能が特徴だ。

1月には中国で開かれた8btc及びTokenInsight主催のブロックチェーンアワード『Blockchain Insight 2019』にて「最も価値のあるウォレット(most valuable wallets)」の第2位に選出されている。

所有権証明プロダクトの関連記事

NEMブロックチェーンの写真SNS『nemgraph』リリース 投げ銭や所有権証明機能も

ニューバランス、Cardano/ADAブロックチェーンによる真贋鑑定のテスト版を公開

「視聴権利を販売」に待った 楽曲原盤権のトークン化が示す可能性とは

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Azureが開発者向け報酬プログラムを開始 貢献に応じてNFTのバッジを付与

前の記事

Braveが1000万MAU突破 昨年比で約3倍の成長

次の記事

RELATED

関連記事