HOME 新着ニュース ALISが有料記事機能を公開 ALISトークンで購入可能

ALISが有料記事機能を公開 ALISトークンで購入可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

トークンエコノミーを実装したブログサービス『ALIS(アリス)』は、ALISトークンで購入可能な有料記事を作成できる機能をリリースした。

オープンβ開発予定リストの計画通りリリース

ALISの12新機能

ALISがリリース予定の12機能

今回の機能リリースは、オープンβ版公開時の開発計画リストに掲載されていた内容となっている。

記事の価格は著者が1ALIS〜10,000ALISで設定できる。4月現在の価格で日本円換算すると5円〜50,000円となる。

記事の購入時、支払い手数料として10%かかる。手数料として徴収されたALISトークンはバーンされる。バーンする理由について運営は「実質的なALISトークン価値向上のため」と説明している。

有料記事を作成する手順はこれまでとほぼ変わらず、記事公開時の設定画面で「有料」を選んで価格を設定するだけだ。記事のどの部分から有料にするかも設定可能。

トークンで購入できるアドバンテージ

マネタイズを広告に頼らないブログサービスとしては、国内だとピースオブケイクが運営する『note(ノート)』が先行する。

ALISの有料記事機能もnoteの有料記事機能と似た部分がある。

ALISとnoteが大きく異なるのは決済方法だ。noteはクレジットカードを登録するなどして日本円で決済するのが基本なのに対して、ALISはALISトークンで決済する。

仮想通貨での決済となるので、煩雑になりそうなイメージだが、ALISユーザーは普段ALISを利用するだけでトークンを獲得できるため、ある程度のトークンを保有しているケースか多い。

したがって、クレジットカード登録などの手間をかけずに有料記事を購入することができる。これは課金のハードルを下げるアドバンテージとなり得る。

ALISの関連記事

一般向けにガラリ ALISがデザイン刷新しオープンβ版リリース

ALISが一般向けにリニューアルへ 年明けから怒涛の12機能リリース

ALIS、コミュニティ要望を全て確認し開発する/しない判断する運営体制

この記事の著者
coin7編集部
仮想通貨・暗号通貨の最新ニュースを紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

離島メディア『リトロコ』オープンβ公開 ユーザーの貢献に応じてトークン獲得

前の記事

フリーランス求人サイトがユーザーアカウントをEOSブロックチェーンへ移行

次の記事

RELATED

関連記事