HOME NEWS ERC1155とは?特徴やdappsゲームとの親和性をわかりやすく解説

ERC1155とは?特徴やdappsゲームとの親和性をわかりやすく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

イーサリアムプラットフォームのトークン標準規格にはICOに多く採用されるERC20や、dappsゲームに採用されるERC721などがあります。

さらに、昨今のdappsゲームの盛り上がりを受けて、注目を集めているのが『ERC1155』です。

dappsゲームの可能性を広げるERC1155とは一体どのようなモノなのか、わかりやすく解説していきます。

そもそも『ERC規格』とは?

ERCとは『Ethereum Request for Comments』の頭文字をとったものです。イーサリアムはブロックチェーンでアプリケーションを作るプラットフォームなので、広く利用してもらうためには技術仕様の標準化が重要になります。そのために、イーサリアムでは技術仕様を標準化したものを文章化して公開しているのですが、その文章のことをERCと呼びます。

ERC20とERC721の違い

イーサリアムが人気なのは、イーサリアムのブロックチェーンを使ってトークンを発行したりアプリケーションを開発したりできるからです。しかし、上記のように技術仕様が標準化されていなければ、使い勝手が悪く普及の妨げになってしまいます。

ERC20はなぜ誕生した?

トークンの技術仕様が標準化される以前の問題として、デベロッパーがそれぞれ別々の仕様でトークンを開発してしまい、ウォレットサービスはひとつのトークンに対応させるためにわざわざ追加で開発をしなければならず非効率的でした。

この問題を解決するため、提案されたのがERC20です。トークンの技術仕様を標準化することで、ウォレットサービスはトークンごとに追加の開発をすることなく、「ERC20トークンなら全て対応可能」となったのです。

ERC20はファンジブル、ERC721はノンファンジブル

では、ERC20とERC721の違いは何でしょうか。端的に言うと、ERC20はファンジブルトークン、ERC721はノンファンジブルトークンです。ファンジブルは「代替可能」という意味なのですが、わかりやすく例えると、ファンジブルは“お金”で、ノンファンジブルは“ゲームのキャラクター”だと言えます。

1ETHは誰が見ても1ETHの価値があります。Aさんの保有する1ETHとBさんの保有する1ETHは同じ価値なので、代替可能となります。これがERC20の性質です。

ERC20トークンは代替可能

一方、Aさんがゲーム内で保有しているドラゴンと、Bさんが保有しているドラゴンは、レベルも違いますし、ステータスにも個体値があります。AさんのドラゴンとBさんのドラゴンは同じ価値とは言えないので、代替不可能となります。これがERC721の性質です。

ERC721トークンは代替不可能

ご存知の方も多いでしょうが、ERC20はICOの普及に一役買いました。デベロッパーはトークンを作りたければERC20に準拠していれば、多くのウォレットサービスに対応できることになるので、より流通しやすくなります。

2018年はdappsゲームが流行しつつあります。ゲームにはキャラクターやアイテムなど、代替不可能な要素が存在しているので、ゲームと親和性の高いERC721が脚光を浴びているのです。

ERC20とERC721のハイブリッドであるERC1155

ここから本題であるERC1155の話です。ERC1155は「ERC20とERC721のハイブリッド」だと思ってください。

例えば、とあるゲームでAさんが保有している「100ゴールド(ERC20)」「剣(ERC721)」「キャラクター(ERC721)」をBさんに送るとします。

ERC20とERC721といった既存のトークンでこの取引をする場合、3つのアイテムやキャラクターを3回に分けて送信する必要があるので、3つのトランザクションが発生することになります。

既存トークンだと3回のトランザクションが必要

一方、ERC1155を利用すれば、3つのアイテムやキャラクターを“1つのトークン”として、ひとつのトランザクションで送信を完了することができます。

ERC1155は複数のアイテムを1つのトークンとして扱う

ERC1155のメリット

ERC1155を実装することによって、dappsゲームでの取引のステップが簡略化されることになります。何より、トランザクションコストを大幅に抑えられるのがメリットです。

dappsゲームは既存のゲームと異なり、アイテムの取引にも課金しなければならず、この障壁がユーザーの新規参入を妨げる一因にもなっているので、ERC1155にかかる期待は大きいです。

ERC20、ERC223、ERC721の解説記事はこちら

ERC721とは?ERC223・ERC20とどう違う?

この記事の著者
久野太一
ライブドア、LINE、サイバーエージェントを経て福岡へ移住。福岡のベンチャー企業グッドラックスリーのブロックチェーン事業でICOのマーケティングとユーザーコミュニケーションを経験し現在フリー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

NANJが障害者スポーツ支援 eスポーツ大会『EVO』の一部収益を寄付

前の記事

ブロックチェーン開発のマッチング『CryptoBowl』β版リリース

次の記事

RELATED

関連記事