HOME ICO情報 ウータンクランの子、Young Dirty Bastardが仮想通貨ICOを検討中。

ウータンクランの子、Young Dirty Bastardが仮想通貨ICOを検討中。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウータンクランの活動でも知られるOl Dirty Bastardの子、『Young Dirty Bastard』が彼自身の仮想通貨を作りICOをすることを検討しているようだ。いくつかの音楽会社や、VCを巻き込みアルバム制作のためICOを行なっていくようだ。

仮想通貨の名前は「Dirty Coin」になるのか?

なにも、彼が著名人で初めて仮想通貨を導入するというわけではない。パリスヒルトンやフロイドメイウェザーなんかも暗号通貨と絡めて活動しているし、実際、彼の父が所属したウータンクランのメンバー、ゴーストフェイスキラもICOスタートアップのための会社を設立している。暗号通貨はハリウッドセレブのアクセサリであり、ギャングスタの資金調達だ!

クラウドファンドに近いICOの使い方に見えるが、彼自身の活動や流動性の設計との絡め方がどうなってくるか注目していきたい。

この記事の著者
sn22000
Vechainと、石をツルツルに磨くのが好きです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

有望なICOを発見するための5つの基本

前の記事

Telegramの特徴・使い方からTONのICOまでまるごと解説

次の記事

RELATED

関連記事