HOME COIN Zilliqa($ZIL)がスケーラビリティ問題を解決する?

Zilliqa($ZIL)がスケーラビリティ問題を解決する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインをはじめとする仮想通貨が持つ問題として、スケーラビリティ問題が挙げられます。その解決策として、最近注目されているのがジリカ(Zilliqa)です。この記事では基本情報から今後の予想まで解説していこうと思います。

Zilliqaがスケーラビリティを解決する?

ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨の利用者が増加すると問題となるのがスケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題を簡単に説明すると、取引量の増加にシステムが追いつかず、処理が遅れたり手数料が高くなる等の問題が発生することです。

詳しくは後述しますが、Zilliqaは独自の技術を用いることにより処理速度を上げて、公平性を保つことに成功しています。

そのため、新時代の仮想通貨になるのでは?と期待されているんです。

・Zilliqa(ジリカ)の基本情報

プロジェクト名:Zilliqa(ジリカ)

ティッカー:$ZIL

総発行枚数:約126億ZIL

発行年:2017年

ジリカは2017年12月にICOが行われた比較的新しい通貨です。現在、総発行数の約半分ほどが流通しているようです。

プロジェクトはシンガポールでうまれたものですが、日本の企業も協力していることもあり国際的な注目を集めています。

なぜトランザクション問題を解決できる?

なぜZelliqaがトランザクション問題の解決に使えると期待されているのかというと、それはシャーディングという独自の技術を採用しているからです。

シャーディングとはひとつのブロックチェーンをいくつかのグループに分けて、複数のトランザクションを並行して行うことです。

この技術によって、一度に何件もの取引を処理できるため価格が高騰したときなどにリクエストが増えても送金詰まりなどが起きにくくなります。

つまり安定していつでも迅速に取引ができるということ。さらにこのシャーディングという技術を安定して実行するために、データフロープログラミングスマートコントラクトという技術の開発を進めています。

データフロープログラミングは、複数の取引の計算をスムーズに行うためのプログラムです。オリジナルのプログラミング言語を使うことで取引の速度を上げつつも、セキュリティを確保できるとホワイトペーパーに記載されています。

それに加えて、マイニングの方法も従来よりも効率がよく収益性が高いので、利用者にとって痒いところに手が届くような存在だと言えるでしょう。

Zelliqaを買える取引所

Zelliqaは今の所、日本の仮想通貨取引所では取引ができません。そのため、海外の取引所を利用する必要があります。

おすすめの取引所はこちら

バイナンス

言わずと知れた超大手取引所のひとつ。最近、本拠地をシンガポールからマルタへ移し、より本格的に世界進出をしています。

ZelliqaはICO終了後すぐに、バイナンス新規上場銘柄の候補に名を連ねました。

その後見事に投票数第3位で上場が決定すると、一気に価格と知名度を上げていったのです。

世界でも有数の取引量を誇るバイナンスに上場したということで、Zilliqaは一躍有名アルトコインの仲間入りをしたのです。

バイナンスは他にも、たくさんのアルトコインが上場していたり、サービスが充実しているため初めて海外の取引所を利用する人にもおすすめです。

Huobi

かつて中国で3大取引所として名を馳せたHuobiですが、現在は本拠地を香港に移して国際的に場を広げています。

部分的にですが日本語にも対応しているため、英語や中国語がわからない人でも使いやすいと評判です。

さらに、HuobiはUSTDとイーサリアムが基軸通貨として使われているためより幅広いニーズに応えられます。

Gate.io

上記の2つの取引所に比べると、まだあまり知名度はありませんが、ICO直後のコインや、草コインなどマイナーな銘柄の取引をしたい人に人気があります。

とはいえ、人気の銘柄もたくさんあります。操作画面もシンプルで、スマホからも見やすいのでサブ取引所として利用する人が多いようです。

まとめ

この記事ではZilliqaの特徴と上場している取引所についてまとめました。

Zilliqaの機能は開発途中のものもありますが、2018年内にはその多くが実装予定です。

その中でも特にデータフロープログラミングを導入したスマートコントラクトは、イーサリアムも導入を検討していると噂されるほど。

今までのアルトコインよりも決済スピードが速く、高いセキュリティを実現するZilliqa。

これからの成長が楽しみですね。

この記事の著者
タライモ
仮想通貨関係のニュース翻訳や記事作成をしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨Steem(スチーム/Steem)の購入方法と将来性を解説

前の記事

RELATED

関連記事