HOME COIN Verge(バージ/XVG)の特徴や購入方法、将来性を徹底解説!

Verge(バージ/XVG)の特徴や購入方法、将来性を徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

XVG(Verge)とは?

XVGは2014年に誕生した通貨です。当時はDogeCoinDarkという名前でした。2016年の2月に2018年現在の名称である、XVG(Verge)へと名前を変えています。

XVG(Verge)の基本情報

コインの名称/Verge
ティッカー/XVG
時価総額/32,265BTC
総発行量/165億XVG
現在の発行量/152億XVG
https://vergecurrency.com/

XVG(Verge)の特徴

XVGには大きく3つの特徴があります。

XVGの特徴①匿名性が高い

XVGのもっとも大きな特徴が、匿名性が高いという点です。

通常、仮想通貨の取引では、誰と誰がどのように取引したのかが、ブロックチェーン上に公開されています。本来は取引の透明性を保つ点を重視して、ブロックチェーン上に公開されていた取引情報ですが、一部では取引にプライバシーがないことが問題視されていました。XVGでは「Tor」「i2P」というテクノロジーを使い、取引を匿名化することに成功しています。

「Tor」はThe Onion Routerの略語。こちらでは通信内容は隠さず、接続経路のみを匿名化しています。

例としてAさんがBさんに100XVGを送金する場合で考えてみましょう。この場合、「100XVGの送金取引があった」ことは、ブロックチェーン上で公開されています。しかし、「誰から誰に送金がおこなわれたのか」ということは、公開されません。送金元と送金先の2者のプライバシーを保護するのが「Tor」の役割です。

一方で、「i2P(The Inbisible Internet Project)」では送金内容も匿名化することが可能。送金元、送金先、取引内容、さらにはIPアドレスまでも匿名化できてしまいます。XVGの特徴である高い匿名性は、この2つのテクノロジーによって支えられています。

また、XVGはレイスプロトコルの実装により、匿名機能のオン・オフを切り替えられるようになりました。この点は他の匿名通貨でもあまり見ることができない機能です。今後XVGの武器ともなっていく大きな特徴と言えるでしょう。

XVGの特徴②高速決済

ビットコインではたびたび、スケーラビリティの問題による取引の遅延が問題になってきました。このことはビットコインのブロック生成時間が10分であるということに起因しています。

XVGでは、SPV(Simple Payment Verification)というテクノロジーによって、ブロックの生成時間を30秒ほどまで縮めています。当然、それにともなって、送金速度の短縮化にも成功。一般的にXVGは数秒〜数分という短時間で取引が完了すると言われています。

XVGの特徴③活発なコミュニティ

特定の仮想通貨が生き残っていくためには、考え方に共感する熱心なファンやコミュニティの存在も必要です。XVGには、開発・運営を支えるファンやコミュニティが存在しており、彼らの支援によってXVGが成り立っているといっても過言ではありません。

XVG(Verge)公式キャラクターの「バージリスク」も有志によって制作されました。

XVG(Verge)の将来性

匿名性の高い通貨には、今後の仮想通貨の発展に大きな期待がかかる一方で、マネーロンダリングなどに悪用されるのではないかという懸念も多く存在しています。XVGの将来性は、このあたりの問題をいかに解決していくかということにかかっており、今後の展開次第ではどちらにも転ぶ可能性があるでしょう。

とはいえ、匿名機能の切り替えは、今後の仮想通貨のあり方にも影響するような、とても有用な機能。XVGが市場に浸透する未来を期待せずにはいられません。

XVG(Verge)、これまでの価格推移

XVGは、上場後しばらく、1円にも満たない金額で取引されていました。1円を上回ったのは2017年12月のこと。市場全体で価格が大きく高騰し始めた頃です。XVGも市場の動きに合わせて高騰し、12月20日ごろには過去最高となる30円まで価格を伸ばしました。

2018年8月現在、市場の収束とともに価格は下落し、再び1円ほどで取引されています。

XVG(Verge)の買い方。取り扱いのある取引所は?

XVGは国内取引所での取り扱いがありません。買いたい場合には、海外の取引所を利用することになります。
その場合、ほとんどの海外取引所は、日本円に対応していないので、国内の取引所にてBTC(他の通貨ペアがある取引所であれば、該当の通貨でも可)を購入し、それを海外取引所に送金するようにしましょう。
以下に主な取り扱い取引所を紹介します。

Binance(バイナンス)
Huobi(フォビ)
Bittrex(ビットトレックス)
Upbit(アップビット)
Bitfinex(ビットフィネックス)

 

関連記事

VERGE(XVG)のマイニング方法について

この記事の著者
結木千尋
ユウキチヒロ。名古屋在住のフリーライター・インタビュアー。 3度の飯よりサブカルチャー(音楽・映画など)が好き。 ここに書ききれないほどの趣味とこだわりがあります。 詳しくはこちらから↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

EOS(イオス)の特徴と将来性、購入方法を解説

前の記事

XVG(バージ/Verge)の保管におすすめのウォレットは?

次の記事

RELATED

関連記事