HOME コイン情報 【稼ぎたい人必見】仮想通貨で稼ぐ方法

【稼ぎたい人必見】仮想通貨で稼ぐ方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットニュースでも目にする機会が多い仮想通貨。

「安定的な収入源として仮想通貨を始めてみたい」と考えている方は、同時に「本当に仮想通貨で稼ぐ事はできるのか?」と不安に感じているのではないでしょうか?

今回は「仮想通貨で稼ぐ方法」を具体的な事例、実際に仮想通貨で稼いだ方の体験談を交えながらご紹介していきます。

正しい知識で運用すれば稼ぐ事は可能

結論からいうと、仮想通貨で稼ぐ事は可能です。

 

その根拠として、仮想通貨は市場規模が40兆円を超えていますが、仮想通貨が取引される様になってから約10年でここまでの規模に成長しました。

成長スピードを考えると、急成長している市場と言えます。

 

また、SBIホールディングス・LINEなど多くの優良企業が仮想通貨市場へ参入する動きを見せていて、これからは株式だけでなく仮想通貨でも幅広く展開していく事は確実です。

それ以外でも、中国人民銀行が「デジタル通貨」の発行を準備しているなど、海外でも仮想通貨を展開していく動きも活発です。

 

これらの事から考えても、仮想通貨の正しい知識を着けて自分に合った取引を行なえば、仮想通貨で稼ぐ事は十分に可能です。

 

2日で2万円稼いだ方も

中には「仮想通貨で2日で2万円稼いだ」と自身のブログで発表する方もいます。

 

500円など少額から運用できる(仮想通貨の種類による)仮想通貨は、「安く買って高く売る」事で利益が得られます。

引用:https://bitflyer.com

このチャートからも、仮想通貨は変動が激しい市場だという事が分かります。

「下がった時に買う・上がった時に売る」など、チャートを確認しながら取引する事で、仮想通貨で稼げます。

 

仮想通貨で稼ぐには注意する点も

ただ、仮想通貨で稼ぐには様々な注意する点もあります。

 

最初に押さえておきたいのは「余剰資金で運用する事」です。

生活資金を使って仮想通貨で稼いでいる方もいますが、損をした時に生活が破綻する可能性があるので注意が必要です。

 

続いては「日々の情報収集を欠かさない事」です。

仮想通貨は早い速度で進化していて、通貨のアップデートやハードフォークなどで利益を得るチャンスが急に訪れる事もありますので、そういったチャンスを逃さないために日頃から情報収集をする習慣を身に着けておきましょう。

 

それ以外にも、サラリーマンなど本業を持っていて副業として仮想通貨を始める場合には、稼いだ金額に注意が必要です。

仮想通貨で得た利益が年間20万円を超えた場合には、確定申告をする必要があります。

仮想通貨で稼ぐ具体的な方法

①現物取引

現物取引は仮想通貨を購入して、買った時の額より高値になったら売る方法で、売買して出てくる価格差で儲けを出します。

 

ただ、現物取引は通貨を購入するための資金が必要です。購入は500円程度から可能ですが、あまりにも少額な場合は稼げる金額も少なくなります。

そのため、原資としてある程度の資金があり運用を考えている方に向いている方法です。

 

さらに、現物取引は長期間の投資を考えて行なえます。仮想通貨は日々の通貨価格の変動が激しいため、一度購入すれば価格の変動が気になってきます。

長期的な視野で考えると、落ち着いて仮想通貨の運用が行なえます。

 

②レバレッジ取引

レバレッジ取引は、自己資金が少なくてもレバレッジを効かせて大きな費用の取引できる方法です。

自己資金が少なくても大きなプライスの取引ができるので、多額の利益を生む可能性がある取引と言えるでしょう。

 

ただ、レバレッジ取引は値段が変化すれば利益をあげられますが、大きな損害がでる可能性もあります。

そのため、仮想通貨に初めて取り組む人にはあまり向いていない取引で、仮想通貨の動向を掴む事に慣れた方向けの方法と言えます。

 

③積立

積立は初心者も行ないやすい方法ですが、稼ぐには一定しばらく時間が掛かります。

例を挙げれば、決まった金額の仮想通貨を購入し長期間積み立てていく方法です。

仮想通貨の価格が下がった時には多くの仮想通貨を購入でき、仮想通貨の価格が上がっている時には購入量が減ります。

価格の変動で起こるリスク分散を目的にした方法です。

 

④レンディング

レンディングは、仮想通貨を長く保有しようと決めている方に向いている方法です。

 

保有している仮想通貨を一定期間取引所に貸し出して、その事で利益を受け取る方法です。

毎日の通貨の変動を気にしなくてもよいので、仮想通貨を寝かせておきたいと考えている方に向いています。

 

ただ、取引所に貸し出した仮想通貨は売却や送金ができないのはデメリットです。

レンディングは取引所を活用する方法なので、万が一取引所が破綻してしまった時は、貸し出した仮想通貨を取り戻せなくなってしまう可能性があります。

仮想通貨で稼いだ体験談

 

①売るタイミングを間違えたが10万円の利益を得た

初めて仮想通貨を購入して様子を見ていましたが、売るタイミングを逃してしまいました。

チャートの見方もよく分かっていなかった事も原因ですが、数時間ズレただけで利益が10万円少なくなり、ガッカリした覚えがあります。

これからはタイミングを見極めて、ここだという所で購入や売却してみようと思いました。

②5万円で始めた投資で30万円プラスになった

本業では稼ぎが少ないので、友人が仮想通貨で稼いでいると聞いて購入してみました。

友人から「少ない金額だとあまり稼げないから、とりあえず5万円程度から始めてみたら?」とアドバイスをもらったので、取引所で5万円分の仮想通貨を購入しました。

最初は10万円からと考えていましたが、損をした時のリスクを考えて5万円に減額しました。

購入してから半年程そのままにしていましたが、購入した仮想通貨の価格が30万円を超えたため、売却を考えました。

暴落する前に売って利益を確保しておきたいとも考えていたからです。

結果的には資産が増えたので良かったですが、価格の見極めなど仮想通貨についてもっと勉強しなきゃとも考え始めました。

この記事の著者
y-hana
仮想通貨を初心者でも分かりやすくご紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

モナコイン(MONA)が買える取引所/通貨ペアとおすすめ総まとめ

前の記事

マスターノードコインのROI(投資利益率)比較2019年最新版

次の記事

RELATED

関連記事